LIFE STYLE

2021.01.24

築27年! 「平屋」の一軒家で「ヴィンテージ 家具」と暮らす。注目の「アーコール」や北欧デザインが魅力の「G-PLAN」とは!? 【北欧テイストの部屋づくり】

リビングの壁にはブックシェルフとソーイングテーブル。飾るものは厳選し、すっきりと。

北欧の古い家具が昔から好きで、いろいろチェックしていたというIさん。

そんな中で出会ったのが京都府亀岡市にあるヴィンテージ家具店『ANTIKA とモダン.』。

4 年半前に、築27年、平屋の一戸建てに引越した際に同店で家具を一気に買いそろえたといいます。

リビングで印象的なサイドボードはG-PLANのもの。最初に購入を決め、『ANTIKAとモダン.』に入荷されるまで待ったこだわりの品です。

このG-PLANとは、1898年創業の英国老舗家具メーカーE.Gomme(イー・ゴム)社が1952年に作った家具ブランドの名前。

そして、この創業者の孫が北欧デザインのスタイリッシュさと、英国の老舗家具メーカーにこそできる高い品質を組み合わせたシンプルな家具が、現代でも人気を誇っています。

【写真5枚】レトロな平屋とオシャレ北欧インテリアを拝見!

リビング壁のブックシェルフとソーイングテーブルなど、洗練された北欧デザインと、ヴィンテージ特有のチーク材の暖かみのある色で統一された家具が、白い壁にとても映えていることがわかります。

ダイニングは、イギリスで1920年に創業した老舗家具メーカー、アーコール社のバタフライテーブルとクエーカーチェアをレイアウト。

ヴィンテージ アーコールは、マーガレットハウエルがスタッキングチェアとバタフライチェアを復刻させたことでも知られていますが、近年日本でも人気が高まっています。

また食器棚にはヴィンテージ食器を集めるきっかけになった、アラビア アート部門のカップ&ソーサーをディスプレイ。

シンプルな古い平屋の良さを生かした素敵なインテリア。

素材や色調をが統一され、丁寧な暮らしぶりが、どのお部屋からも垣間見えます。






DATA

●家族構成/夫婦+子1人
●居住年数/ 4年6カ月
●広さ・間取り/ 98.25㎡の3LDK
●好きなブランドor デザイナー/カイ・フランク、リンドベリ、ウェグナー
●よく買い物するお店/ ANTIKA とモダン.、NORTHWEST SELECT
●つい購入してしまうもの/ビンテージの食器、キャンドルホルダー
●次に欲しいもの/ゾランヴァリのギャベ、小さめのブックシェルフ、ヤコブセンの時計

 
取材協力:北欧.Style +1 ANTIKAとモダン. 大阪本店

【写真5枚】レトロな平屋とオシャレ北欧インテリアを拝見!

「北欧テイストで楽しむ100人の家づくり」より掲載

マツダナオキ

RECOMMENDED


RELATED

RANKING