LIFE STYLE

2021.01.27

オシャレ! 「薪ストーブ」と手作り「キッチンカウンター」「ロフト」のある住まい。北欧家具がアクセント【北欧テイストの部屋づくり】

作りつけの移動式キッチンカウンターはアンティーク感がありおしゃれ!

Fさんご夫妻が建てた家は「賃貸併用住宅」。1階を3つに区切って賃貸に、2階が住居になっています。

家族がいつも一緒にいられるようにと、リビング、ダイニング、キッチンには壁を作らずワンフロアに。

移動式のキッチンカウンターは、仙台に店を構えるショップ、スリーデイズ・スカンディナビアで造作した一点物だと言います。

同ショップは、北欧の”ぬくもりと彩を楽しみながら自分らしく過ごす本物のライフスタイル”がコンセプト。

北欧のアンティーク家具や雑貨以外にも、国内外からのセレクト品・デザイナーや職人とのコラボレーションによるオリジナル商品を展開しています。

Fさんの住まいは間仕切りのないオープンな空間で、さらに高い勾配天井のある吹き抜けが印象的。

家族が集うダイニングは、デンマーク製の伸長式テーブルに、アメリカ製のスチール椅子を合わせています。

天窓の光が心地よい室内。スチールの階段を登れば、そこは可愛らしいロフト空間が広がっています。

ロフトのインテリアはイケアでコーディネートされ、ウォールキャビネットは「ヴァリエシリーズ」を配置。


照明にもこだわり、ウォールランプはデンマーク製をチョイスしていますが、灯を落としこの照明だけを点けると、影がまるで木漏れ日のようです。

3人のお子様が伸び伸びと過ごすことができる開放的な住まい。

アメリカのカリフォルニアで育ったという奥様の感性で、どこか海外の住宅を思わせるハイセンスなインテリアがポイント。

冬は大型の薪ストーブがロフトまで部屋全体を暖かくしてくれます。



【写真】「薪ストーブ」とおしゃれ! ダイニングを拝見!






DATA


●家族構成/夫婦+子3人
●居住年数/ 1年7カ月
●広さ・間取り/ 101㎡の3LDK +ロフト+テラス
●好きなブランドor デザイナー/テラヴィーバ、マリメッコ、イッタラ
●よく買い物するお店/ 3DAYS Scandinavia、BOLIG
●つい購入してしまうもの/植物
●次に欲しいもの/部屋に合うポスター、鏡(姿見)

 
取材協力:3DAYS Scandinavia
「北欧テイストで楽しむ100人の家づくり」より掲載

門山夏子

RECOMMENDED


RELATED

RANKING