LIFE STYLE

2021.01.06

「ハーマン・ミラー」修理ならお任せ! ロスのスゴ腕! 「ヴィンテージ家具」レストア職人がいる「HUMEMODERN」【ヴィンテージライフU.S.A.】

「腕の良い家具職人がいるから行ってみなよ」。そう友人に聞いて訪れたのは、ロサンゼルス、ベニスBlvd.沿いのヴィンテージ家具ショップ「HUMEMODERN」。

美しい家具ショップを想像して来たけれど、そこは小さくて古い工場。

お世辞にも居心地の良い場所とはいえなかったが、そこの主、アルフィーはとても気さくで親切な男だった。


「家具職人? いやイチから家具を作っているわけではなく、リペアして新品に戻すことを生業にしているから、正確にいうと僕はレストアラーということになるね」。


アメリカを代表する家具メーカーといえば、ご存知ハーマン・ミラー。

中でも1956年にイームズ夫妻のデザインによりリリースされたラウンジチェアは今も絶大な人気を誇る名作であり、同工場はそのラウンジチェアを主として、ハーマン・ミラー製品の修理・レストアを行うことで知られている。

【写真6枚】家具レストアのオシャレ秘密基地はこちら

丁寧な仕事ぶりでハーマン・ミラーからの依頼も

「とにかく丁寧に仕事をするだけ。だから1日に完成できるチェアはひとつが精一杯だよ」。

事務所内は、ところどころにユニオンジャックを散見できるが、それはアルフィーがイギリス人だから。

1993年にLAへ移住し、1996年にこの「HUMEMODERN」を開業した。

クオリティ維持を徹底化するため、1日に完成できるのはひとつだけだそうだが、いまではその技術が認められ、ハーマン・ミラー社から直々にレストア依頼が来るとのこと。


アルフィーの丁寧な仕事ぶりはいまや世界中に広まり、現在では毎日様々な国からオーダーが届くという。

バイクやスケボーのディスプレイやアンティーク雑貨も販売されているので、ロサンゼルスに訪れた際は訪ねてみるとよいだろう。

アルフィーの事務所内に鎮座する自分仕様のラウンジチェア&オットマン。どちらも彼の好みで縦溝が特徴的なタック&ロール仕様となっている。


VINTAGE LIFE U.S.A.より掲載

Photo:Ken Nagahara Text:Kota Engaku

RECOMMENDED


RELATED

RANKING