MOBILITY

2020.07.15

注目の日産クロスオーバーEV「アリア」発表! 航続距離610km、価格は約500万円からで発売は2021年中旬! これはかなり良さそう!

日産自動車株式会社が、クロスオーバーEV「日産 アリア」を横浜みなとみらいの「ニッサン パビリオン」にて、バーチャルイベントで世界に向けて発表した。

日産初のクロスオーバーEV「日産 アリア」は力強い加速、滑らかな走り、EVの特性を活かした静粛性を兼ね備え、室内はラウンジのような心地の良い高級感あふれるデザインで統一。運転のストレスを軽減する運転支援機能やコンシェルジュのようにドライブをサポートするコネクテッド技術に磨きをかけ、最大610kmの航続距離(2WD 90kWhバッテリー搭載モデル 2WD WLTCモード 社内測定値)を実現するとしている。
 
登壇した内田誠社長は、発表の喜びを「笑顔になってしまう、本当にうれしい」と表現。クロスオーバーEVのアリアは電気自動車の快適さと運転の楽しさを併せ持つ自信作であり、日産が得意とする運転支援技術と走り、ワクワクするドライビング体験が魅力と続けた。
 
加速性能はフェアレディZに匹敵する0-100km、5.1秒を実現。日産車の魅力がすべてつまっていて、日産アリアでどう生活が変化するのか、世界のEV市場を広げたいとも語る。
 
10年前に世界で初めてリーフを発売した当初、世界はEVについて懐疑的であったが、今では多くのブランドがEV市場に参入。日産は今までに50万台ものEVを販売したビッグデータを活用したノウハウがあり、アリアを皮切りに新しいEVプラットフォームで年間100万台以上の電動車を販売していくとのこと。アリア発表とともに日産ブランドロゴも刷新し、丸い太陽と水平ラインのイメージと至誠天日を貫く情熱はそのままに自動車で皆様に貢献すると続けた。
 
電気自動車は災害時に蓄電池にもなり、クルマを乗っているときも乗っていないときも社会とつながることが可能。よりクリーンで安全で、人によりそう社会を実現したいとしめくくった。
 
ジャバニーズフューチャリズムを表現したモダンなデザイン


 
エクステリアデザインは、シンプルでありながら力強く、かつモダンな表現で「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」を表現。日本にはエコ、サステナビリティといった概念が昔からあり、自由な発想でデザインとテクノロジーを融合したとのこと。モーター駆動のEVは、ガソリンエンジン車で必要だったエンジンルームの冷却が不要となるため、「日産 アリア」のグリル部分はパネルでカバーされよく見ると日本の伝統的な組子パターンを立体的にデザインしている。
 
フロントのパネル内部にはプロパイロットなどの先進技術を支えるセンサーがビルトインされ、パネルがこれらのセンサーを守ることから、日産ではシールドと表現。空力性能に優れたシールドの中心には新しい日産を象徴する新たなブランドロゴがLEDによって光り輝いている。
 
ボディサイドは低く滑らかなルーフラインが、空気抵抗を感じさせない印象。フロントとリアを直線でつなぐウエストライン、短いオーバーハングを持つリアのスタイリングも印象的だ。スモークがかったリアコンビネーションランプは、消灯時はすっきりとした見た目になり、点灯時は赤い光がしっかりと見えるよう設計されている。
 
インテリアはフラットなフロアで外観から想像するよりもたっぷりとしたシンプルな空間に。日本のモダンなラウンジのようなデザインで、乗員全員が寛げる空間を実現。S字に湾曲したディスプレイにドアトリムは見る角度によって違うの、組子の新しい照明をあしらっている。インテリア中央にある木目調パネル内にはスイッチをあしらい、機能とデザインを調和している。
 
幅広いニーズに対応する4つのパワートレインラインナップ



新開発の電動パワートレインは、65kWh と90kWhの2種類のバッテリーサイズと、2WDとAWD(e-4ORCE)の2種類の駆動方式をラインナップし、4つの組み合わせをチョイス可能。日常使いかロングドライブかで、このあたりは消費者がライフスタイルにあった選択が可能だ。

日産が誇る最新の4輪制御技術「e-4ORCE」は前後に搭載したモーターと、4輪のブレーキを繊細にコントロール。プレミアムスポーツカーに匹敵する運転性能をもたらすほか、2017年に発売された「日産リーフ」に採用されたe-Pedalも搭載。アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで発進、加速はもとより、減速をコントロールすることが可能でドライビングの楽しさも実現している。
 
最新の運転支援技術、プロパイロット2.0も搭載
 
日産の先進運転支援システム「プロパイロット2.0」や「プロパイロット リモート パーキング」も搭載。車両には7個のカメラ、5個のレーダー、12個のソナーを搭載し、白線、標識、周辺車両を検知。更にナビゲーションシステムと3D高精度地図データを使うことで、制限速度をはじめとした道路状況を把握。その上で、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフ走行を可能にし、安全でスムーズなドライビングを実現している。
 
Amazon Alexa搭載でクルマ、家、ドライバーがコネクトする


 
また、インテリジェントなパーソナル・アシスタンス技術により空調やナビゲーションも音声で操作することが可能。自然な言葉で操作できるハイブリッド音声認識機能は「ハローニッサン」と呼びかけることでドライバーの操作をサポート。さらにAmazonが提供する音声サービス、Amazon Alexaが搭載され、音楽の再生や天気予報の確認、家族や友人との通話、スマートホームデバイスのコントロールなどを音声のみで操作可能とのこと。
家からアリアのバッテリー容量を確認することもできるほか、帰宅途中でアリアの車内からAlexaに話しかけて、自宅の照明やエアコンのスイッチを入れるなど、車の中から自宅の家電もコントロールすることも可能だという。

そのほか、ソフトウェアはテスラのように無線でアップグレードし、ナビで目的地を設定すると、経路内に一番効率のよい充電場所も表示してくれるとのことだ。
 
 アリア発売とあわせ、150kWの急速充電器を国内に整備予定
 
アリアは最大130kWの急速充電に対応するとともに、バッテリーの温度を一定に保つ水冷式の温度調節システムを搭載。30分の急速充電で最大375km分を充電することが可能とのこと。日産はアリアの発売に備え、新たな充電インフラの整備を目指しより短時間での充電を可能とする最大出力150kWのCHAdeMO急速充電器を、2021年度内に国内の公共性の高い場所に設置できるよう調整を進めているとのことだ。

「日産 アリア」の日本での発売は2021年中頃を予定、実質購入価格は約500万円からとなる見込み。
 
電動SUVの中ではコンパクトなアリア、価格と航続距離はかなり現実的!



以下は、販売中、国内販売予定の電気自動車をSUVメインで比較したもの。全長の大きさ順に並べている。航続距離、価格でテスラモデルYよりアドバンテージがありそうな日産アリア。以外にもI-PACEより全長は小さく、電気自動車でSUVを検討している方にとっては、楽しみなモデルが登場したといえうそうだ。

 モデルX 全長 5037mm 全幅1999mm 全高1680mm バッテリー容量 非公開 航続距離507km 最大出力 451kW
EQC 全長 4761mm 全幅1884mm 全高1623mm バッテリー容量80kWh 航続距離400km 最大出力300kW
モデルY 全長 4751mm 全幅1921mm 全高1624mm バッテリー容量 非公開 航続距離505km 最大出力336 kW
I-PACE 全長 4695mm 全幅1895mm 全高1565mm バッテリー容量 90kWh 航続距離438km 最大出力294kW
アリア(2WD) 全長4595 mm 全幅1850mm 全高1655mm バッテリー容量 90kWh 航続距離610km 最大出力178(AWDは290)kW
リーフe+ 全長 4480mm 全幅1790mm 全高1565mm バッテリー容量62kWh 航続距離458km 最大出力 160kW

RECOMMENDED


RANKING