MOBILITY

2020.07.30

ランボルギー二最強の830馬力エンジン搭載。40台限定レース専用車両「Essenza(エッセンツァ) SCV12」で特別な体験を!

ランボルギー二 Essenza SCV12

アウトモビリ・ランボルギーニは、モータースポーツ部門のランボルギーニ・スクアドラ・コルセが開発し、デザイン部門のランボルギーニ・チェントロ・スティーレが設計した40台限定のレース専用マシン、Essenza(エッセンツァ) SCV12を発表した。

Essenza SCV12は、ミウラ、イオタやディアブロGTRなどの直系であり、ランボルギーニがこれまでに開発した最も強力なV12自然吸気エンジンを搭載。レーシングプロトタイプに触発された空気力学と、究極のドライビングを体験できる新しい技術を組み合わせている。

Essenza SCV12は、レースから派生した技術により自然吸気のV12エンジンが830馬力以上を発生し高速でのRAM効果から大幅なパワーアップを実現。エグゾーストパイプは、パフォーマンスを向上させ、エンジンのユニークなサウンドを強調。新しいX-tracシーケンシャル6速ギアボックスが、後輪を駆動させるとともに、シャシーは大きなねじり剛性を確保している。

また、内部はロールケージのない新世代のカーボンファイバーモノコックシャーシを採用。1.66 kg / hpの並外れた出力重量比を特長としている。さらにEssenza SCV12は、FIAプロトタイプの安全規則を尊重するために開発された最初のGT車両でもあるという。

複雑なコースで最大限の俊敏性と安定性を確保するため、ギアボックスに取り付けられたプッシュロッドリアサスペンションは、レーシングプロトタイプから着想を得たもの。足まわりにはブレンボ製のブレーキディスクにマグネシウムホイール(フロント19インチ、リア20インチ)とピレリのレーシングスリックタイヤがおごられる。

ランボルギーニの最高技術責任者であるマウリツィオ・レッジャーニは「未来的なデザイン、ロールケージのないカーボンモノコックなどの革新性。これにより、ドライバーと観客の両方にユニークで特別な感情を保証する魅力的なクルマが生まれた」と語る。
 
1970年代のランボルギー二プロトタイプの魅力と最新DNAを融合


 
空力性能は、GT3カーよりダウンフォースレベルが高く、250 km / hで1,200 kgを発生。フロントのスプリッターとサイドシルに配置された垂直フィンを使用することにより、エンジンとギアボックスの冷却の流れを最適化。大きく調整可能なダブルプロファイルのリアウィングによって完成度を高めている。  

滑らかでありながら張りのあるダイナミックなラインは、1970年代のプロトタイプの魅力と、フロントヘッドライトの特徴である六角形デザインや、ステアリングホイールを囲むルーフエアスクープなど、ランボルギーニDNAの典型的な要素を組み合わせている。またインストルメントパネルとダッシュボードは、ドライバーを運転体験の中心に置くように設計した。

ディスプレイ付きの多機能ステアリングホイールは、F1のシングルシートステアリングホイールから着想を得、未来的かつ合理的なデザインを提供。カーボンシェルを備えたFIA認定OMPシートは快適性、安全性、安定性を確保している。

ランボルギーニ・チェントロ・スティーレの責任者であるMitja Borkert氏は「Essenza SCV12では、レースの過去と現在の両方に敬意を表している。大きなリアウィング、サイドフィン、フロントスプリッターは、ウラカンスーパートロフェオEVO、GT3 EVOから取った要素。このクルマは、私たちの伝統と将来への想像を完璧に組み合わせたクルマです」と語る。

購入者は特別クラブの一員。WEBカメラ付きのガレージでクルマを監視可能



Essenza SCV12を購入した顧客は、特別なプログラムにアクセスし、世界で最も権威のあるサーキットでハイパーカーを運転できる特別クラブの一員となる。その中にはこのクラブのためサンタガタボロネーゼに建てられた新しい施設での保管サービスが含まれ、各車には、顧客がアプリを通じて24時間自分のクルマを監視できるようにするWebカメラサービスのある専用ガレージとサービスがあるとのこと。この施設には「ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ・ドライバーラボ」もあり、ランボルギーニの公式レーシングドライバーが従うのと同じようなトレーニングプログラムも用意されている。


レーススケジュールは2021年に始まり、数多くのFIAグレード1公認サーキットでイベントが開催される。

ランボルギーニ・モータースポーツの責任者、ジョルジオサンナは「Essenza SCV12を使用することで、パフォーマンスとドライビングプレジャーだけでなく、コース外でのエクスペリエンスも向上させたかった。お客様は、高度にカスタマイズ可能なサービスを利用して、イタリアの最高のおもてなしを体験し、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ・ファミリーの一員になることができる」語った。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING