MOBILITY

2020.08.01

究極のEVオフロードレース「エクストリームE」にフィスカーも参戦なるか! 2021年1月にダカールで第一戦を予定

エクストリームEに参戦を検討しているフィスカーのマシン(イメージ)

セネガルの首都、ダカールで2021年の1月23〜24に第一戦が予定されている、電動SUVのオフロードレースシリーズ「エクストリームE」。ここにカリフォルニアのEVブランド「フィスカー」が2021年生産を予定している電動SUV「オーシャン」で参戦する用意があると発表した。
 
エクストリームEはフォーミュラEの発起人であるアルハンドラ・アガクが同じく創設したもので、レースの舞台を北極圏、砂漠、氷河、沿岸部、熱帯雨林など、世界中の過酷な場所で展開。これらの地域は地球温暖化による永久凍土の融解、海面上昇や森林破壊など、自然破壊が進んでいる地域のため、ここでエクストリームEを開催することにより世の中の環境問題への関心を高めるというねらいもある。

エクストリームEで使用される電動SUVは、フォーミュラEと同様に共通のシャシーと共通のバッテリー、またフォーミュラEと同様のモーターを2基搭載する予定だそうだ。

世界が最もサステイナブルなオフロードレース


フィスカーが販売を予定している電動SUV「オーシャン」

エクストリームEの創設者兼CEOであるアルハンドラ・アガクは「EVメーカーであるフィスカーがエクストリームEに参加することを期待しています。世界で最もサステイナブルなレースシリーズを行うことは、彼らが新しく発売するSUVオーシャンのプロモーションになり、製品耐久性のための最適なテスト環境となるでしょう」と語る。

またフィスカーの会長兼CEOであるヘンリック・フィスカー氏は「アレハンドロはフォーミュラEで電気自動車レースを世の中の主流とし、今度は電気自動車のオフロードレースを新たに構築しようとしている。こうした彼のビジョンを全面的にサポートすると同時に、今後の環境問題への取り組みの方向性や使命、価値観と弊社の思いは完全に一致しています」と語っている。

エクストリームEはアメリカのFOXスポーツやイギリスのBBCで放映する予定だが、当初は生中継を行わず、ドキュメンタリーとスポーツを融合させた新しいTVシリーズを後日放送すると伝えていた。

コロナウイルスの影響の中、放送権の準備も着々と進んでいるエクストリームE。北極、ヒマラヤ、アマゾン、インド洋の島々など、世界中で行われるE-SUVの戦いが今から楽しみだ。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING