MOBILITY

2020.08.16

フォード・ブロンコの走破性能をさらに高めた「トレイルリグ」が登場 ! ブロンコ専用オフロード施設も全米で4箇所オープン予定

ブロンコ生誕55周年を記念し発表された、ニューブロンコとブロンコスポーツ。発売時にはブロンコの2ドアと4ドアモデルに200を超えるアクセサリー、ブロンコスポーツに100を超えるアクセサリーを設定している。今回、こうしたアクセサリーを装着した、アドベンチャーコンセプトモデルとして、ブロンコ2ドア・トレイルリグとブロンコスポーツ・トレイルリグが発表された。

ブロンコ2ドア・トレイルリグは、究極のハードコアトレイルライダーとして設計、各種パフォーマンスパーツで、カスタムビルドされている。



主なアクセサリーパーツは、フォードパフォーマンスのモジュラーフロントバンパー、チューブドア、ビードロック対応ホイールと40インチLEDライトバー。仲間の4WDを救出するためのWARNウインチ。ヤキマ製のルーフラックシステムには、シャベル用マウントと、スタックリカバリーラバーが装備されている。



インテリアには専用フロアマット、カーゴスペースにはスイングゲートマウントテーブルも装着される。

一方、ブロンコスポーツ・トレイルリグもオフロードトレッキングを高めるための専用パーツを装着。31インチのBFグッドリッチタイヤに1インチのリフトキット、フロントバー、LEDオフロードライト、ヤキマのルーフラックには、ハイリフトジャッキと斧が追加されている。


 
ブロンコ専用のオフロードパーク、まずテキサス州オースティンにオープン

ブロンコの発売にあわせ、フォードはBronco Off-Roadeo(ブロンコ・オフロデオ=オフロードとロデオの造語)と呼ばれるオフロードパークをアメリカに4つオープンさせる。

うち、最初のパークは、テキサス州オースティンの丘陵地帯で、ブロンコのオーナーはその性能を最大限に試すことができるほか、同じ趣味を持つ仲間とのコミュニティを広げることが可能。スキルに合わせて設計されたコースにより、オーナーはオフロードのドライビングテクニックを磨くことが可能だ。



ブロンコのブランドマーケティングマネージャーであるマーク・グルーバー氏は「4つのブロンコ・オフロデオ・ロケーションに行けば、たとえオフロードの初心者であっても、オフロードのプロと同じくらいクルマとコースを楽しんでもらうことが可能で、彼らに知識と経験を提供したい」としている。
 
ブロンコオーナーのためのオフロードアクティビティ。ロデオの本場であるテキサス州オースティンで、荒馬たるブロンコをどれだけ乗りこなすことができるのか? 4WDを街中で所有するだけでなく、実際にオフロードを体験するパッケージまで含めた提案は、さすがオフロード大国、アメリカといったところだ。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING