LIFE STYLE

2020.08.18

ハッセルブラッド「 907X 50C」いよいよ今秋発売! 伝統的なデザインでヴィンテージレンズも装着可能!

ハッセルブラッド・ジャパンが、2019年6月にコンセプトとして発表された「907X 50C」中判ミラーレスデジタルカメラを2020年秋に日本でいよいよ発売する。907X 50Cは、最新のデジタルバックであるCFV II 50Cと真新しいカメラボディの907Xで構成され、ハッセルブラッドの写真の歴史と未来を1つのシステムに統合する。

中判5000万画素CMOSセンサー(43.8 x 32.9 mm)を備えたCFV II 50Cデジタルバックは、1957年以降に製造されたほとんどのVシステムカメラで使用できるほか、サードパーティのテクニカルカメラまたはビューカメラにも使用できる。


 
CFV II 50Cは、3.2インチ 2.36Kドットの鮮明なチルトリアスクリーンを採用し、ハッセルブラッドのユーザーインターフェイスとして、高い評価を得ているタッチ操作を、設定、画像再生、メニューなどにおいて可能にしている。
 
ハッセルブラッドユーザーにとって朗報は、Xシステムと同じボディ内蔵型の新しいバッテリーデザインが採用されたことで、全体のサイズが小さくなり、USB-Cポート経由でカメラ内充電ができるようになった。
 
CFV II 50Cは、歴代のVシステムを彷彿とさせる、象徴的なクロームエッジボディ仕上げの美しさと最新のテクノロジーを組み合わせ、ハッセルブラッドの歴史とブランドが持つ定評ある高画質を高い次元で融合させている。



CFV II 50Cを、ハッセルブラッド史上最小の中判カメラボディ907Xと組み合わせると、非常にコンパクトなカメラシステムが出来上がる。この組み合わせは、CFV II 50Cのチルトスクリーンによって、Vシステムのクラシックなウエストレベルの撮影スタイルなど他のカメラとは一線を画す、真のユニークな写真体験が可能だ。
 
907Xを使うことにより、全ての高品質なXシステムレンズに加え、アダプターを介して、Hシステム、Vシステム、XPanレンズを含む幅広い種類のハッセルブラッドレンズが使用可能。さらに、907Xは、さまざまなサードパーティ製のアダプターやレンズとの互換性がある。あわせてこの組み合わせを引き立てるアクセサリーとして、907Xコントロールグリップと907Xオプティカルビューファインダーが用意されている。


 
 
●907X 50C
オープンプライス (参考価格:¥735,000(税別)

●907Xコントロールグリップ  
オープンプライス (参考価格:¥84,000(税別)

●907Xオプティカルビューファインダー  
オープンプライス (参考価格:¥56,000(税別)

2020年秋、日本発売予定

ハッセルブラッド・ジャパン株式会社

907X 50Cの動画はこちら

RECOMMENDED


RELATED

RANKING