LIFE STYLE

2020.08.19

「ザ・リッツ・カールトン日光」で一流の作り手による匠の技、栃木県産の恵みを贅沢に味わう!

レークハウス ブラティーナチーズ 苺とトマトのカプレーゼ

栃木県初のインターナショナルラグジュアリーホテルとして7月15日に開業した「ザ・リッツ・カールトン日光」では、栃木の雄大な自然が育んだ豊かな食材を贅沢に使用した多彩なメニューを用意している。ホテル独自の餌で育った黒毛和牛のステーキや、地元養鶏場のこだわりの卵で作る朝食など、一流の作り手の匠の技が光る栃木県産メニューで四季折々の栃木の恵みを贅沢に味わうことができる。
 
日本料理に精通したシェフこだわりの会席・寿司・鉄板焼きを堪能できるダイニング「日本料理 by ザ・リッツ・カールトン日光」と、栃木県産の苺や日光御養卵など地元の食材をふんだんに使用した洋食をご提供するウェスタンレストラン「レークハウス」の2つのダイニングのほか、“ウィスキーバー”をコンセプトに国内外から厳選したウィスキーが並ぶ「ザ・バー」、自然に溶け込むような開放感の中でアフタヌーンティーや全国からセレクトした日本茶を楽しむことができる「ザ・ロビーラウンジ」を揃えており、宿泊のゲストだけでなく、日帰りのゲストも利用できる。



ダイニングのコンセプトは「CRAFT(クラフト)」

ザ・リッツ・カールトン日光では、料理人、食材の生産者、食空間を彩る伝統工芸の器や日本画などを手掛けるアーティスト全てが卓越したクラフトマンシップであると捉え、それらが息づき、共鳴しあうことで、唯一無二の極上の食体験を届けるとしている。
 
また、店内での食事に加えて、Grab&Go(テイクアウト)メニューも充実しており、1日のあらゆるシーンでお客様のニーズに応えることで、奥日光の地から栃木が世界に誇る食文化を発信していく。
 
「日本料理 by ザ・リッツ・カールトン日光」

清々しい1日のはじまりに華を添えるモーニングや、ご家族やご友人との会話が弾むランチ、大切な方と過ごす贅沢なひとときを演出するディナーなど、1日のあらゆるシーンでご利用いただける和食ダイニング。
 
栃木の伝統工芸である鹿沼組子をモダンにアレンジした格子のアプローチの先には、広々としたテーブル席やカウンター、爽やかな風を感じるテラス席が広がり、日本料理に精通した一流の作り手が手掛ける会席料理、寿司、鉄板料理を楽しむことができる。

「レークハウス」

小さな離れのように佇み、「ボートハウス」をコンセプトにしたアート作品が食空間を華やかに演出するウェスタンレストラン。栃木産の苺とトマトを使ったカプレーゼや、ビーツで作ったフムスと日光御養卵のポーチドエッグのオープンサンドなど、栃木の雄大な自然が育んだ旬の味覚を存分に楽しむことができる。
 
栃木県産の小麦と天然はちみつを使用した一口サイズのかわいらしい食パンをはじめとするテイクアウトメニューも充実。ランチからカフェ、ディナー、そしてGrab&Go(テイクアウト)まで、ゲストのあらゆるニーズに応えている。
 
「ザ・バー」

冬の自然の寒さで作られる良質な日光天然氷でウィスキーを楽しむことができるほか、華厳の滝やいろは坂など日光の自然から着想を得たカクテル、栃木のソウルドリンク「レモン牛乳」をアレンジしたノンアルコールドリンクなど、個性溢れるメニューを豊富に揃え、バーテンダーがゲストお気に入りの一杯を提案する。また、随一の酪農国でもある那須高原のチーズなど、ドリンクとのペアリングをお愉しみいただけるフードも用意。    

「ザ・ロビーラウンジ&ライブラリー」

季節ごとに装いを変えるパティシエこだわりのアフタヌーンティーと、全国から選りすぐった日本茶のセレクション、軽食を提供。日本一の大麦の産地でもある栃木の麦こがしを使ったシュークリームや、日光片山酒蔵の酒粕を使ったホテルメイドのチーズケーキ、栃木産のとちおとめとほうじ茶をブレンドしたお茶を用意し、ラウンジで過ごす優雅なひとときを華やかに彩る。


 
また「ザ・リッツ・カールトン日光」では、ホテル独自の餌で育てられた黒毛和牛の名前を募集している。
詳細はオフィシャルInstagram@ritzcarltonnikkoおよびFacebook @TheRitzCarltonNikkoまで。

応募期間:2020年8月19日(水) ~ 8月24日(月)18:00まで

ザ・リッツ・カールトン日光

RECOMMENDED


RELATED

RANKING