TRAVEL

2020.08.24

世界遺産「富岡製糸場」の国宝「西置繭所」が10月3日グランドオープン! 人気声優、武内駿輔さんの音声ガイドをアプリで楽しもう

世界遺産 富岡製糸場(群馬県富岡市)の国宝「西置繭所」が、6年にわたる保存整備工事を終え、10月3日(土)にグランドオープン、また、記念イベントを同3日(土)と4日(日)に開催する。
 
富岡製糸場は明治5年に官営模範工場として操業を開始した器械製糸工場。昭和 62 年に操業を停止後、平成17 年から富岡市が所有管理し、一般公開している。平成 26 年にユネスコ「世界遺産一覧表」に記載され、同年、繰糸所と東西2棟の置繭所が国宝に指定された。


 
西置繭所は、創業に際し建設された2棟の繭倉庫のうちの1棟で、木骨煉瓦造の2階建て、桟瓦葺きで、長さが約 104m ある長大な建物である。今回の保存整備工事では、保存修理に併せて耐震補強と活用のための整備を行い、1階にはハウスインハウスの手法を用いたガラスのギャラリー(資料展示室)と多目的ホールを整備した。
 
文化財としての保存と積極活用の両立
 
富岡製糸場全体の保存整備計画が進む中、最初の本格的保存整備事業として着手した国宝「西置繭所」の工事は令和2年5月に完了しグランドオープンすることとなる。文化財として保存する一方、積極的な活用との両立を目指し、ギャラリー(資料展示室)と多目的ホールがハウスインハウスの手法で整備された。


 
ギャラリーには富岡製糸場で保存されてきた歴史的資料の実物を、常設で展示。富岡製糸場の創設、富岡製糸場で働き暮らした女性たちの生活、生糸づくりの作業(製糸工程)について、分かりやすく展示解説している。なかでも、115年間の女性従業員の作業着の変遷をミニチュアサイズで伝える展示は見どころの一つ。


 
1階北側には、ハウスインハウス手法により多目的なガラスのホールを整備。耐震補強用の鉄骨を骨組みとしたハウスインハウスで、壁と天井がガラスのユニークベニュー(歴史的建造物、文化施設や公的空間等で、会議・レセプションを開催することで特別感や地域特性を演出できる会場のこと)となることで、イベントを行いながらガラス越しに国宝建物を体感できるとしている。
 
人気声優と浪曲師の音声ガイドをアプリで
 
また、西置繭所の見どころを紹介する音声ガイドを整備。スマートフォンにアプリ(無料)をダウンロードして使用することが可能で、展示資料や建物の特徴など見どころを人気声優の武内駿輔さんが案内するメインガイドと、2階の 漆喰壁の落書きの痕跡や煉瓦積みの様子などから浪曲師、玉川太福さんが創作浪曲で案内するスペシャルガイドの2種類が楽しめる。
 
武内駿輔 (たけうち・しゅんすけ)

声優。主なアニメ出演作は『KING OF PRISM』アレクサンダー役、『彼方のアストラ』ザック・ウォーカー役、『A3!』兵頭十座役など。美術展音声ガイドでは『原三渓の美術』など好評を得る。2016 年に「第 10 回声優アワード・新人男優賞」受賞。
 
玉川太福 (たまがわ・だいふく)

浪曲師。年間 50 公演を超える独演会を開催し、近年は落語の定席にも出演。「天保水滸伝」や「清水次郎長伝」といった古典演目を継承しながら、独自の新作浪曲にも意欲的に取り組んでいる。2017 年に「第 72 回文化庁芸術祭・大衆芸能部門新人賞」受賞。
 

記念イベントの詳細はこちら


浪曲ガイドの実演
西置繭所を案内する音声ガイドの一つ、浪曲ガイドを創作し収録した浪曲師の玉川太福さんが、実際に西置繭所で浪曲を披露。(曲師:伊丹明)
日時:令和2年10月3日(土)13時〜、15時〜(予定)

富岡製糸場をテーマにした演劇の公演
昭和30年代頃の富岡製糸場を舞台にした演劇を公演。脚本・演出は菅野臣太朗さん、出演キャストは5名位の予定。
日時:令和2年10月4日(日)11時〜、14時〜、16時〜(予定)

橘ゆり オルガンコンサート
富岡製糸場設立当時の時代をテーマにしたプログラム内容。
日時:令和2年10月11日(日)14時30分〜16時(予定)
※記念イベントの応募方法の詳細は、9月以降、富岡製糸場HP等で発表
 
 
 
お問い合わせ:富岡製糸場
住所:群馬県富岡市富岡1-1 富岡製糸場
開場時間:午前9時~午後5時(入場受付は午後4時 30 分まで)
見学に関する問合せ:0274-67-0075(総合案内所)
TAG

RECOMMENDED


RELATED

RANKING