MOBILITY

2020.09.01

日産スカイラインRS純正のアロイホイール通称「マンホール」を生かす! モデルカーズ的、西部警察RS-2ボディのノーマル戻し術とは!?

日産スカイライン2ドア・ハードトップ2000ターボRS ◉アオシマ1/24 ◉作例制作:北澤志朗

1981年8月に登場した6代目スカイライン(R30型)は、先代“ジャパン”で重厚長大なツアラー方向に振れた針を大きくスポーツに戻し、その後のスカイラインの方向性を定めた世代として記憶されるべき存在である。中でも同年10月に追加されたRSは、スカイラインの故郷・荻窪の旧プリンス工場で開発された日産久々のDOHCエンジン・FJ20Eを搭載し、4気筒ながらGT-Rの再来と評判になった。
 
当時の国産車は’70年代の排ガス規制によるパワーダウンをようやく克服し、右肩上がりの好景気にもあおられてパワーウォーズに突入、最高出力150PSを誇ったスカイラインRSも、たちまち160PSのトヨタ製1.8ツインカム・ターボの後塵を拝することになった。

そこで1983年2月、FJ20EにギャレットT03ターボチャージャーを装着し190PSを叩き出すRSターボが、「史上最強のスカイライン」なるキャッチフレーズとともに登場、スカイライン・ファンを驚喜させたのである。もっとも翌年2月には、空冷式インタークーラーを装着して205PSを豪語するRSターボ後期型「鉄仮面」が登場、前期型RSターボのオーナーたちを落胆させることになったのだが……。

西武警察の劇中車マシンRS-2をノーマルに戻す!


 
さて、2019年3月にリリースされたアオシマの「1/24 ニッサン DR30 スカイラインRS エアロカスタム ’83」だが、パッケージアートで一目瞭然のごとく、一筋縄ではいかないキットである。そもそもこれはドラマ西部警察の劇中車マシンRS-2のボディとシャシーに鉄仮面の内装を組み合わせたもので、そのままではカタログストックのRSターボには全くならない。しかしながら、長年スカイライン好きモデラー諸兄が持ち望んできた、新金型で素晴らしいモールドのRS専用の純正アロイホイール、通称マンホールが入っているのだ!
 
いやいや、これはもうマンホールを買うとRSターボ・エアロカスタムがおまけで付いてくる、と言うべきか。エアロカスタムなのにホイールだけ純正? ウーム香ばしい。香ばし過ぎる。しかしせっかくのマンホール、これを生かさない手はないゾ……ということで、ボディ表面から劇中車のディテールを徹底的に排除し、内装も前期型に改めるノーマル戻しを敢行した、というわけだ。前後バンパーの下半分と前後シートはマイクロエース(旧LS金型)の前期型RSから拝借、アオシマのボディとインテリアに適合させている。


 
フード上のエアロダクトやサイドシルのスポイラーは、ボディの肉厚がたっぷりあるため、削り取っても孔が開かないのでノーマル戻しには都合が良い。リアコンビランプは2001年の“完全版”を機にメッキのリフレクターが追加されており、艶やかな丸テールの後ろ姿が楽しめる。
 
ヘッドライトにもリフレクターが付くのだが、奥行きがありすぎて表情に違和感を覚えたので、プラ板とパテでリフレクターを作り、グリルのフィッティングやレンズ形状にも少し手を入れて、実車の精悍な表情を再現した。一方、余計なモールドを排除したボディのプロポーションが思いのほか良いのは、今回の嬉しい発見だった。(北澤志朗)



modelcars vol.285 特集「2020年のスカイライン愛」より

photo:Yoshihiro-HATTORI(服部佳洋) text:Masashi-HATA(秦 正史)

RECOMMENDED


RELATED

RANKING