TRAVEL

2020.09.02

東京・神楽坂に「日本のモノづくり体験」ができる「てならい堂ひみつの小店」がオープン 「買う」ことを見直し「モノの手の入れ方を変える」がコンセプト

日本のものづくり体験を販売するweb ショップ「てならい堂」が、都内で「ものづくりワークショップ」体験と「ものづくりキット」を購入できるショップ「てならい堂ひみつの小店」を東京・神楽坂に9月にオープンする。
 
コンセプトは「モノの手に入れ方を変える店」。今まで日本各地を訪ねないと体験できなかった「ものづくり体験」を東京・神楽坂で体験できるほか、コロナによりリモート化が進む中、地方に住む方に対しては「ものづくりキット」をオンラインで提供。新しいものづくりが体験できるとしている。


 
ワークショップでは、高岡市のつくり手とコラボした鋳物体験や人気の金継ぎ体験、ものづくりキットでは、香川県三豊市のさぬきうどん英才教育キットや岡山県西粟倉村の自分で削って作るカトラリー「ヒトテマキット」など、ものづくりの醍醐味を感じられる商品を販売する。また、ものづくりキット購入支援の為に道具レンタルも開始するほか、地方のものづくりを訪ねることも予定しているそうだ。
 
いきなり地方のワークショップへ参加しに行くのはハードルが高いものの、今回オープンする「てならい堂ひみつの小店」は、ものづくりの「入口」という位置づけで、地方との繋ぎ役となるため、気軽に相談ができるほか、とりあえず様子を見たい方が気軽に訪れることができるとのこと。

ものづくりに携わっている地方の方々と、実際に日本の産地の商品をもっと知りたい方をつないでいくとしている。

モノの手に入れる方法にひと手間かける



「にっぽん てならい堂」が主催する“てならい”とは、「買う」ことを見直して「モノの手の入れ方を変えること」としている。


えば、つくり手から作り方を習い、体験し、実際に自分で作ってみる。または、作っているところに出かけて行って、つくり手から直接受け取るという体験を大事にしている。こうした体験から、モノを買うことを見直し、モノを手に入れる方法にひと手間かけることで、それを作るつくり手の物語を知ることができ、つくり手との距離を縮めることができる。その物語は体験した方自身の物語となり、それを自分の中に貯めていくことで、自分の生活を選択する判断軸を取り戻すことができるはずとしている。

自分の判断軸に従って選んだ、生活を彩るモノやコトこそが、我々が子どもの世代にもつないでいきたいモノとコトである。今回オープンしたお店にはそうした思いがあるのだそうだ。



「てならい堂ひみつの小店」の体験や特徴

 鋳物の街富山県高岡市のつくり手とコラボした鋳物体験
佐賀県有田町の有田焼メーカーとコラボした豆皿体験
金継ぎ修理受付
金継ぎ、和裁、ダーニング、お香などの各種ワークショップ定期開催
全国のつくり手とコラボしたワークショップを不定期開催
予約制でのオンライン接客で生活道具購入のご相談受付
金継ぎ修理受付

 「てならい堂ひみつの小店」ものづくりキット例

香川県三豊市のさぬきうどん英才教育キット
岩手県盛岡市のおうちでダンボールの織り機で裂き織りが楽しめる
「DANBOLOOMスターターキット」
岡山県西粟倉村の自分で削って作るカトラリー「ヒトテマキット」
岐阜県石徹白村の手縫いでつくるノラギのキット
兵庫県丹波篠山市のはじめての草木染めセット

 てならい堂ひみつの小店
住所:新宿区横寺町茶の木テラス202

RECOMMENDED


RELATED

RANKING