MOBILITY

2020.09.18

「ルパン三世」でおなじみの「FIAT 500」が電気自動車に! 旧いのに新しい『FIAT 500 ev』販売開始

『FIAT 500 ev』

ルパン三世『カリオストロの城』でおなじみ、愛らしいデザインが魅力のFIAT500(チンクエチェント)。愛知県名古屋市の『チンクエチェント博物館』が、この旧いFIAT500をイタリアのカロッツェリアでレストアし、電気自動車『FIAT 500 ev』として販売する。
 
『チンクエチェント博物館』では1957年~1975年に製造された旧いFIAT 500をチンクエチェント・クラシケ(クラシックの意味)を所蔵・展示するとともに、保護・保存にも取り組んでいる。大切に保管するだけではなく、現代の暮らしの中で現役のクルマとして乗ってもらうことが大切と考え、眠っていた車両を救い出し、内外装はオリジナルを活かしレストアしているのだ。
 
FIAT500evはオートマチック限定免許で運転OK


 
チンクエチェント・クラシケは50年以上経ったクラシックカーで、一般的にはマニュアル車のイメージがあるものの、電気自動車にコンバートした『FIAT 500 ev』はオートマチック限定免許でも運転が可能。初めてクラシックカーに乗る方でも扱いやすく、楽しめるクルマとなっている。ちなみにモーターはリア、バッテリーをフロントに搭載している。
 
旧い車両を再生させ、より長く活用させていくことは、サステイナブルな生活につながると考えているほか、チンクエチェント・クラシケはイタリアでは文化遺産と称され、美しいボディはアートの領域でも高く評価されているとのこと。美しいスタイリングとEVを組み合わせた 『FIAT 500 ev』は、「これまでの輸入車・旧車の概念にとらわれない“新しい愉しさ”」を提案できるとしている。
 
価格はバッテリーサイズにより、2つの設定があり、5.5kWhの1バッテリーモデルが506万円(税込)10kWhの2バッテリーモデルが550万円(税込)。航続可能距離はそれぞれ40kmと80km。近所の買い物など日常の足として、ガソリンを使わず家で充電。クラシックなルックスのままトラブルフリーでオシャレに乗るのは、とても現代的ではないだろうか。
 
 
SPEC

全長:2,980mm 全幅:1,320mm 全高:1,320mm ホイールベース:1,840mm 
車両総重量:590kg(ONE BATTERY)650kg(TWO BATTERY)
乗車定員:4人
最高出力:13kW 最大トルク:160N・m 
航続距離:約40km(ONE BATTERY)約80km(TWO BATTERY)
バッテリー容量:5.5kWh(ONE BATTERY)10kWh(TWO BATTERY)
駆動方式:後輪駆動
サスペンション 前:シングルウィッシュボーン式
サスペンション 後:ダイアゴナルスイングアクスル式
ブレーキ 前:ドラム式
ブレーキ 後:ドラム式
ブレーキ 回生協調ブレーキ:電動型制御ブレーキ
タイヤ 前:125/SR12 後:125/SR12
 
価格

FIAT 500 ev ONE BATTERYフルレストア506万円(消費税込)
FIAT 500 ev TWO BATTERYフルレストア550万円(消費税込)
※ 価格、諸元、仕様ならびに装備等は予告なしに変更する場合があるとのこと
 
 
詳しい情報は、ムービーとともに以下特設サイトに詳細が掲載されており、名古屋、京都、東京で今後展示も行う予定。
 
www.museo500.com/fiat500ev
 
【FIAT 500 ev 展示概要】

『FIAT 500 ev』を実際にご覧いただけるよう、チンクエチェント博物館をはじめ、各地のチンクエチェント・クラシケ ディーラー(販売拠点)にて順次展示予定。
 
9月18日(金)~9月30日(水) チンクエチェント博物館(愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14-1)
10月4日(日)~10月14日(水) フィアット京都(京都市左京区上高野諸木町47-1)
10月17日(土)~11月2日(月) ガレーヂ伊太利屋(東京都江東区1-5-14)
TAG

RECOMMENDED


RELATED

RANKING