TRAVEL

2020.09.24

台湾・台中市、地元クリエイターの技が光る、自然素材の雑貨を探す旅

かつて公務員宿舎だった建物を、おしゃれなショップやカフェとしてと再生させたリノベーションスポット「審計新村」。今や多くのクリエイターが集まり、休日ともなると市民はもちろん多くの観光客でにぎわいます。

その中にある雑貨ショップの一つ、「森林島嶼(センリンダオユー)」は、台湾の自然をモチーフにデザインされた陶磁器や工芸品など、台湾出身のクリエイター作品を中心に扱うセレクトショップです。今回は特に人気の高いおすすめアイテムを、スタッフの王靜愉さんが教えてくれました。

◆藺子(リンツァオ)
台中市のお隣で台湾中部・苗栗(ミャオリ)県に住む女性たちの手作りのい草小物。い草の爽やかな香りが店内にも広がりっています。
ブランド名の「藺」は漢字でい草のこと。「どのい草製品も、すべて私たちの子ども。家族のように大事にしてほしい」という願いが込められています。



かつて、い草産業は台湾海外輸出特産品の主力で、帽子やい草の敷物など多くの製品が生まれましたが、30〜40年前に衰退していきました。現在い草編みの技術を保有する女性のほとんどは60〜90歳前後になっています。また、本産業に打ち込む若者も一向に増えず、人手不足が深刻。匠の技を継承できる人材が必要でありながら、輸入品との低価格競争により販売価格も人件費となかなか見合わず、台湾ならではの伝統工芸が暮らしの中から消え去る危機に陥っています。

そこで、藺子ではい草編み職人30人と提携。合理的な価格とデザインの付加価値を通して、競争力を高め、現地に就業機会をつくり出しています。また技術が続き新たな職人が生まれて欲しいと、若者も多く集まる審計新村で、その魅力を伝え続けています。原料は苗栗県苑裡(えんり)地域の三角い草を使用。表面の色味や光沢感は経年変化し、太陽に当たると色が濃く、香りがさらによくなります。

◆三星四季(サンシンスーチー)
台湾北東部の宜蘭(イラン)県出身のデザイナーの男性が立ち上げた染付磁器ブランド。自身が留学などで地元を離れたことで、帰ってきたときに地元の有名な鳥にぶつかったのに、わからなかったのがショックで、地元の名産、良さを再認識し、それを伝えたいと思ったのだそう。今は地元に戻り、作品を作りながら民宿も経営。さらに磁器を通じて、勉強が好きではない田舎の子たちが、趣味をもってもらえるきっかけにもなるようにと活動しています。


 
茄子の湯のみ(680元)。それぞれのモチーフにはストーリーがあり、例えば、茄子は「仲良し」「友達」がテーマ。田舎で野菜を育てていたときの仲間とのやりとりなど、日常生活の中で自分が素直に感じたことを表現しています。お茶碗や徳利、お猪口、マグカップなど、暮らしに寄り添うアイテムが揃います。

◆フレグランスアイテム
自然に囲まれているような、優しい香りを放つリードディフューザーは、台湾の山をイメージして作られています。他にも、フレグランスオイルやエッセンシャルオイルなど、心からリラックス、リフレッシュできる香りが人気です。


左/島嶼700M擴香瓶(el.700 リード ディフューザー)150ml 480元。桜(ソメイヨシノ)とお茶をイメージした香り
中/島嶼3500M擴香瓶(el.700 リード ディフューザー)150ml 480元。標高3500m級の高山をイメージした香り。寒冷地であり、独特の景観、花の種類が静かな山に点在しています。
右/島嶼四季Flora擴香瓶(フローラ リード ディフューザー)150ml 480元。セージ、ローズマリー、ミント、バラなどをブレンドした香り。
 
フレグランスオイルはラベンダー、リリー、ローズ、バーベラなど多彩な香りが揃います。愛らしいパッケージにも注目。



審計新村は草悟道及び誠品綠園道から近く,歩いて五分ほどの距離です。こちらの2箇所も女性に人気なスポットですのでぜひチェックしてみてください!

草悟道
 台中市西区向上北路 
 +886-4-23021232
 http://www.youcaowu.com/space.php?do=caowu_friend
 
誠品綠園道
 台中市西区公益路68號
 +886-4-23281000
 https://parklane.com.tw/
 
森林島嶼 FORESTMOSA 審計新村店
 台中市西区民生路360号
 04-2301-2715
 https://www.forestmosashop.com/

 価格は取材時のものです。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING