MOBILITY

2020.10.05

ビュイックの電動SUVコンセプトは前後バタフライドア! 航続距離は660km、2モーターで約600馬力を発生

ビュイック エレクトラ コンセプト

GMの中国合弁事業であるSAIC-GMが、電気クロスオーバーコンセプトモデルである「ビュイック エレクトラ コンセプト」を発表した。

このクルマはビュイックの「グローバルコンセプト」となり、同社EVの未来へのビジョンとのこと。

SAIC-GMのエグゼクティブバイスプレジデント、サム・バジル氏は「今日、ビュイックの革新的な考えと将来のインテリジェントモビリティの想像力をエレクトラの発表という形で次のレベルに到達させました。今までのビュイックコンセプトがそうであったように、エレクトラに反映された美学と技術革新は、最終的に消費者の期待に沿えるプロダクトとして反映されます」とコメントした。

この車両はあくまでもコンセプトだが、車両には実用段階となるGM Ultiumバッテリーシステムが装備されており、航続距離は660 km(410マイル)を可能にするとしている。また、フロントとリアに搭載さた二つのモーターは最高出力が435kW(591馬力)で0〜100km/h加速が4.3秒であるとのこと。
 
エクステリアデザインは、キャビンを広くした近未来的なSUVスタイルで、前後のバタフライドアと細いヘッドライトが特徴的。インテリアにはシンプルなディスプレイがコックピットに一つ搭載され、助手席、後席ともに広々したスペースが確保されている。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING