MOBILITY

2020.10.11

「フェアレディZプロト」が代官山T-SITEに出現! プロトといはいえ、ほとんどこのまま発売!

代官山T-SITEでお披露目された「日産フェアレディZプロトタイプ」

9月16日に発表され、話題となっている日産フェアレディZプロトタイプが、10月11日(日)「代官山T-SITE」のイベント、モーニングクルーズでお披露目された。

このモーニングクルーズは毎回、テーマとなるクルマを決めて開催されるが、今回はS30、S130、Z31、Z32、Z33、Z34と歴代Zとそのオーナーが大集合。コアなフェアレディZファンに向けての公開となった。
 
このZプロトタイプは翌日にアメリカに旅立ち、日本ではしばらく見納めということもあり、多くのファンが日曜朝の代官山に集まっていた。

Zプロトと集結した歴代Z(S30)の写真を見る
 
イベントは8時からスタートしたが、フェアレディZプロトの生みの親ともいえる、チーフ・プロダクト・スペシャリストの田村宏志氏とグローバルデザイン本部エグゼクティプ・デザイン・ダイレクターの田井 悟氏がZプロトタイプのデザインについて語っていたので、その内容を一部紹介したい。
 
Zプロトといってもほとんどこのまま出る!!
 
田井氏:雨が降る中では本当は乗りたくない(大切にしているので)のかもしれないけど、みなさんにお集まりいただきうれしいです。結構このクルマを気に入っておりまして、早くお見せしたいと思っていました。
 
プロトタイプを発表しまして様々な評価をいただきましたが、映像で見るのと実物はかなり違うという意見がかなりありました。Zが好きな方に実物を見ていただきたかったので、そういう意味でもうれしいです。
 
田村氏:空は曇りですが、私の気持ちの中では晴々としています。日産にはGT-RとZがありますが、ファンの皆様に会うたび「一体時期Zはどうなっているんだ?」とよくいわれており、やっと見ていただくことができうれしいです。プロトタイプといってもほとんどこのまま出ます!
 
伝統を大切にしながら未来に向かう
 
田井氏:新しいZを作るときに、いろいろなアイデアからはじまったが、結局Zに見えるものを作るしかなかった。それにプラスして、人の中にはいろんなZの記憶があるが、そういうものを散りばめて作ろうと思った。
 
結論として、Zの場合、伝統の中に未来があるというのが最終的な考えで、伝統と未来は別れているものではなく、完全に一致しているという感覚であった。
 
田村氏:伝統を大切にしながら未来に向けてというのはメッセージで、それをデザインにするのはデザイナーなのですが、よく私はかなり後ろからクルマのデザインを見ていました。斜め後ろの椅子に座ってモックアップを眺めていることが多かった。
 
「クルマはハイウェイをドライブしているドライバーから見て、カッコいい、ほれぼれするようなクルマでないといけない」ということをデザインスタジオでずっと言っていました。
 
リアビューを見ている時間が一番長い!
 
田井氏:プロトタイプで気に入っているところはクルマ全般なのですが、あえて言えば、いろんな要素が散りばめられいる、リアクウォータービューでしょうか。

クルマに乗りながらフロントはあまり見えないので、やはりうしろからついていきながら「いいなあれ!」というリアビューになったことが気に入っています。
 
田村氏:人はクルマのリアを見ている時間が長い。例えば、ロサンゼルスの405ハイウェイは5車線でずっと大渋滞していて、前のクルマを1時間でも見ているときがある
 
なんのクルマのテールかということは意識していないかもしれないが、ずっと人のクルマのうしろにいるので、そのときの印象が一番大事。Zプロトタイプはきちっと後ろでメッセージが出せるクルマだと思う。
 
顔はある意味、瞬間芸で、すれ違いや交差点、駐車場に入って行くときなど一瞬のことが多い。なので、リアデザインが大切で何回も修正し、やり直してもらって完成しました。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING