MOBILITY

2020.10.23

185馬力の「ブルーバードSSS-R」! 1980年代末の国産4WDスポーツセダンを超絶技巧で再現! 【モデルカーズ】

日産ブルーバード4ドア・セダンSSS-R ◉ハセガワ1/24 ◉作例制作:北澤志朗

1980年代末の国産4WDスポーツセダン三羽烏といえば、ギャランVR-4、レガシイRS、そしてブルーバードSSSアテーサだが、なぜかブルーバードだけはプラモデル化されなかった。
 
当時を知るカーモデラーの多くにとって、この3台を机上に揃えることは見果てぬ夢だったが、なんと30年以上の時を経て実現するとは……誠に喜ばしいではないか!
 
’87年秋に登場した8代目ブルーバード、U12型は、FF化こそ果たしたものの保守的だった先代U11型とは異なり、先進技術満載のハイテク・セダンとなった。
 
アテーサとプラズマ搭載の実力派
 
特に、スポーティなSSS系のトップグレードであるアテーサ・リミテッドには、ビスカスカップリング付きセンターデフ式フルタイム4WDシステム「アテーサ」と、175PSを発揮するインタークーラー付きツインカムターボ「プラズマCA18DET」が搭載され、動力性能・ハンドリングともに世界第一級の実力を備えるに至った。

SSS-Rの超ディテールと制作工程、105枚の写真を見る!
 
エクステリア・デザインにも、野暮ったい先代の面影はなく、個性的で洗練された機能美は、かの510型や910型に匹敵する傑作と評された。
 
国際ラリー参戦を想定してオーテックジャパンが仕立てたSSS-Rは、アテーサ・リミテッドをベースにエンジンを185PSにチューンナップし駆動系と足周りも強化、内外装の快適装備を廃して90kgほど軽量化した特別仕様だ。
 
フロントフード中央のインテークバルジと、グリルに埋め込まれた大径フォグランプが、外観上の特徴である。
 
ニスモパーツを装着したフルオプション仕様!
 
ハセガワの1/24キットは実車同様、先にリリ-スされたSSSアテーサ・リミテッドをベースに、部品の追加・差し替えで前期型SSS-Rに変更したものだ。
 
派手なカラーリングが示す通り、ニスモ・パーツをライン装着したフルオプション仕様である。
 
最近のハセガワ製キットの例に漏れず、過剰なディフォルメを廃したリアリティあるプロポーションと、繊細なディテール表現が楽しめる、優れたキットである。
 
ただしバリエーション展開の都合か、SSS-Rの特徴的なディテールの一部がスルーされているので、作例ではそのあたりにもきっちりと手を入れてみた。
 
あえて塗装で仕上げたトリコロール
 
まず、最も気になるのがダッシュボード中央部で、キット部品はなぜか後期型っぽいモールドになっている。
 
そこで、センターコンソール上部をプラ板で前期型っぽく作り直した。またSSS-Rはオーディオレスなので、下段のオーディオを刳り貫いて空洞に改めた。
 
ドアトリムもアテーサ・リミテッドと共通だが、実車はパワーウィンドウやドアポケット、アシストグリップやスピーカーも無いので、そっくりプラ板で作り直している。
 
外装では、右リアフェンダーのアンテナを除去し、排気系の後端部も実車に忠実に変更した。
 
トリコロールのカラーリングはデカールで手軽に再現出来るが、作例は敢えて塗装で仕上げた。
 
塗り分け用にロゴマークのみのデカールも付属しているのは嬉しい配慮だ。今後は全日本ラリー出場車のリリースも予告されており、大いに楽しみである。(北澤志朗)

modelcars 294

photo:Yoshihiro-HATTORI(服部佳洋) text:Masashi-HATA(秦 正史)

RECOMMENDED


RELATED

RANKING