TRAVEL

2020.10.28

「LINEクリエイター漫画大賞」で大賞受賞! 台湾・台中生まれのゆるキャラ・ 咖波(カポ)に会いに行こう! 

咖波(カポ)は、「LINEクリエイター漫画大賞(LINE原創漫畫大賽)」で大賞を受賞した、台中のイラストレーター「亞拉(ヤラ)」が作った漫画のキャラクターです。

猫なのに青かったり、足が6本あったり、可愛いのにちょっぴり奇妙なフォルムで人気を博しています。

そんな、咖波(カポ)のオフィシャルグッズが勢揃いする咖波屋は、台中市西区の静かな路地沿いにあります。

日本家屋の古民家をリノベーションした、懐かしさを感じる佇まい。お店自体は大きくはありませんが、日本家屋らしい梁のある高い天井が空間のアクセントとなり、広々とした雰囲気を生み出しています。

小上がりの畳スペースにはのんびりくつろぐ咖波たちの姿が! 

咖波たちをバックに可愛い写真を撮ることができます。よーく見ると、植物などの中にこっそり咖波がディスプレイされていたり、イラストが飾られていたり、隅々まで手の込んだレイアウトで、まるで咖波の漫画の世界にいるよう。

お店の外にいるバスを待つ咖波も見逃せない写真撮影スポットです。



 

ファンにはたまらない、ここでしか手に入らないグッズコレクションも多数。さらに、コーヒーやドリンク、咖波焼(カポ焼き)といったフード類もテイクアウトできます。 

咖波屋から徒歩1分の場所には、亞拉(ヤラ)の漫画の新キャラクター、奶泡貓(ナイパオマオ)をモチーフにしたカフェがあります。

奶泡貓の形をしたアーチの入り口が目印!

2階のベランダには、ひょっこり頭を出した咖波と犬の「狗狗」、そして奶泡貓が重なった姿が。こちらはホワイトベースのモダンな雰囲気で、店内の装飾はもちろん、食事、デザート、ドリンクにまで奶泡貓の世界であふれています。


 アーチ型の入り口。カップに入った可愛い奶泡貓が出迎えてくれます。

セルフ方式のカフェで、1階のカウンターで注文をし、商品を受け取ってから2階、または3階へ上がります。システムは1人1杯のドリンクオーダー制で、2階の座席スペースも、週末はもちろん平日でも大賑わいです。

 近くには「草悟道」「審計新村」「勤美誠品綠園道」などほかの観光スポットもあるので、一緒に楽しんでみることをおすすめします。


咖波屋(カポウー)
住所:台中市西区模範街8巷23号
※台中車站(民族路口) 27、290号バスにて「向上民権路口」から徒歩3分
営業時間: 10:00~19:00
定休日:月曜
https://www.facebook.com/CapooHouse/
 

奶泡貓咖啡(ナイパオマオカーフェイ)
住所:台中市西区民権路217巷26-4号
営業時間: 10:00~20:00
定休日:月曜
https://www.facebook.com/foamcatcafe/

RECOMMENDED


RELATED

RANKING