MOBILITY

2020.11.07

1987年「スープラ」サファリラリー仕様をタミヤ1/24で再現! 完全自作のモディファイを見よ【モデルカーズ】

トヨタ・スープラ3.0i 1987年サファリラリー ◉タミヤ1/24改造 ◉作例制作:飯塚健一

1983年から’86年までグループB規定で戦われてきたWRC。
 
’84年にトヨタが投入したセリカ・ツインカムターボ(TA64)は、コンベンショナルな2WDでありながらも、とりわけサファリラリーやアイボリーコーストなどアフリカ・ラウンドでは出れば優勝、といった具合でめっぽう強かった。
 
’87年にグループA規定に統一されると、トヨタは主なヨーロッパ・ラウンドへの出場を控え、4連勝の掛かったお得意のサファリに、新型スープラを仕立てて参戦してきた。
 
しかし、ロングノーズ・ショートデッキの低く構えたスポーツ・クーペであるスープラが、目いっぱい車高を上げられた上に、イケメンマスクのアイコンであるリトラ・ライトも全開状態で固定され、更にその鼻先には武骨なアニマルバンパーと補助灯が組まれ……と、その姿は実に衝撃的であった。
 
クールなスープラのイメージと大きく乖離したその姿には、何か見てはイケナイものを見てしまったような罪悪感を覚えてしまうほどである。

驚愕のスープラ制作工程とディテール写真【59枚】
 
ケニアを泥だらけで走るスープラ!
 
ちなみにこの年のサファリラリーの結果は、カーナンバー4のトルフ車が2台の大柄なアウディ200に続いての3位に入り、残念ながら念願のサファリ4連勝は成し得なかったが、開発期間の短かったスープラとしては、喜ばしいものであったであろう。
 
元々こういったフィールドが得意とは言えない出で立ちのスープラが、真っ赤な砂埃を巻き上げて、ケニアの大地を泥だらけ傷だらけになりながら、ゴールに向かってひた走っている姿を見ていると、「置かれた場所で咲きなさい」という人生の教訓を思い出して、今更ながら頭が下がる思いである。
 
アニマルバンパーは真鍮から自作!
 
さて、今回の作例は、タミヤのスープラ3.0GTターボをこの’87年サファリラリー仕様に改造したものである。
 
ボディ自体は、リアのナンバーフレーム周りの拡幅以外に大きな改造点はない反面、サファリラリー特有の装備を揃えていくのに苦労した。
 
一番の特徴であるアニマルバンパーは真ちゅう線から自作するが、ボディとの位置関係やフィッティングに注意を払う必要がある。
 
ホイールはハセガワのスーパーデルタから改造、同ホイールを2個用意し、1個は内側のスポークを残して外周を切り飛ばして、更に傘状になる様に削る。
 
もう1個はアウターのリム部を残し、内側を切除して、こちらはすり鉢状に削り込む。
 
最後にこれらを組み合わせると、実物に近い形状のスピードラインが再現できた。
 
デカールは自作デカールで対応
 
ボディのカラーリングは塗装で表現し、細かなロゴ類は自作デカールで対応した。内装も市販型とはかなり異なるので、シートをはじめ、ガソリンタンクやロールバーなども全て他キットからの流用や自作で対応した。
 
これらのラリー装備の中にはBEEMAX社のセリカ(TA64)から流用できるものが結構あるので、もし作られる方が居られるなら、当該キットも準備しておくと作業が速いと思う。
 
車高もリフトアップされた状態を表現するが、実車の脳内イメージに倣って、意図的にフロントを少し高めにセッティングし、悪路に立ち向かう姿勢を強調してみた。その他、詳細は制作過程写真をご参照いただきたい。(飯塚健一)

modelcars 286

photo:Yoshihiro-HATTORI(服部佳洋) text:Masashi-HATA(秦 正史)

RECOMMENDED


RELATED

RANKING