MOBILITY

2020.11.07

500台限定! 「70スープラ」のグループA用ホモロゲモデル「ターボA」 激シブなマイルドカスタム仕様! 【モデルカーズ】

Toyota Supra 3.0GT turbo A (MA70) イグニッション モデル 1/18レジン製ミニカー◎価格:¥27,500(税別)

1986年に、日本では初めてスープラの名前を用いたモデルとして登場したA70系スープラ。
 
当初は全幅1.7m以下の細身のボディに2リッター直6、3リッター直6の2種の排気量のエンジンを組み合わせていた。
 
しかし、その後日本の自動車税制の規制緩和によって全幅1.7m超えのボディの人気が上昇することを見越して、発売から4か月後には北米仕様と共通のワイドボディ仕様が追加となっている。
 
1988年には2分割となったフロントグリル、左右一体化されたテールライトなどに意匠変更を受けた後期型(中期型)が登場した。

スープラ 3.0GT ターボA 超精密な1/18写真はこちら!

 
500台限定のホモロゲモデル
 
チューンド系ミニカーのトレンドセッター「イグニッション モデル」がモチーフとしたのは、そのタイミングで同時にリリースされた500台限定のグループA用ホモロゲモデルのターボAである。
 
一番のトピックは専用タービンを備えた7M-GTE 3リッターエンジンの搭載で、インタークーラーも大容量タイプへと変更を受けて最大出力は標準モデル比30馬力アップの270馬力となっている。
 
外観的にはフロントバンパーのナンバーサイドに増設されたエアダクトが特徴だ。
 
イグニッション モデルでは同車をベースにマイルドロワードとBBSホイール、そして大径シングル出しマフラー(純正はデュアル)といったパーツをセットしてより迫力アップした姿を再現している。

modelcars 286

RECOMMENDED


RELATED

RANKING