TRAVEL

2020.12.29

台湾の定番お菓子「太陽餅」を「九個太陽」で手作り体験! 台湾伝統の味と西洋スイーツが融合【台湾・台中散歩】

「九個太陽」の菓子職人さんに太陽餅の作り方を教えていただくことができる。

台湾の注目エリア、台中のお土産といったら「太陽餅」が定番。成田から出発した直行便の食事にも太陽餅が入っているので、ここで初めて食べるという方も多いかもしれない。

太陽のような丸いパイ生地の中にほんのり麦芽の香りがする甘い餡が入っており、その優しい食感がたまらない。そんな太陽餅の人気店が台湾大道と自由路の交差点にある「九個太陽」だ。

ここは、伝統的な製法と西洋のスイーツの技術を組み合わせた太陽餅の自社工場に店舗が併設された直営店。九個太陽は台湾の菓子コンクールで多くの賞を受賞するなど台中銘菓となっている。


台中の太陽餅の有名店のひとつとなっている、「九個太陽」。店内には、さまざまなフレーバーの太陽餅や、これも定番となっているパイナップルケーキなどのスイーツが並べられている。

店舗には新定番となっているパイナップルケーキなど、さまざまなスイーツを販売。太陽餅だけでも、代表的な麦芽フレーバーの餡を始めとして、ミルク味やパイ生地に竹炭を新定番となっているパイナップルケーキ練り込んだものなど数種類が販売されている。

これらの太陽餅は、小麦粉の比率、抽出したラードの純度、オーブン温度などに気を配りつつ、従来のレシピに加え様々なフレーバーとのマッチングなどを自社で研究し、開発されたものだという。

比較的新しい店舗ながら、有名店のひとつとなっているのは、こういった新しいチャレンジも評価されているからにほかならない。

1個ずつでも購入できるほか、好みで箱に詰め合わせもできるのでお土産としてもぴったりだ。

「九個太陽」で太陽餅の手作り体験

また「九個太陽」で太陽餅とパイナップルケーキの手作り体験を行っていて、店舗の奥で菓子職人より直接教えてもらうことができる。

【写真11点】太陽餅作りを体験!

時間は午前と午後に2回ずつ開催されており、所要時間は焼き上げパッケージングを含めて90分程度となっている。我々が手作り体験をしたのは、太陽餅のコースだ。

餡と生地はすでに練られたものが用意されており、その生地を延ばして重ね、パイ状にして餡を包んでいく。手作りというだけあり、最終的な仕上げの形は作る人の自由だ。

好きな形を作ったら、お店のオーブンで焼いてもらい、パッケージングしてもらって終了となる。

焼き上げとパッケージングを待つ間に、別の場所を観光して閉店までに取りに行くのがよいだろう。


 
すでに練られていた生地を延ばし、重ねていく。その生地に餡を包んで形を整える。ここまでが自分で行う作業。あとはお店の方に焼いてもらい、パッケージングされたものを受け取って終了だ。

自分で作った太陽餅を食べてみるとほんのり甘い餡にサクサクしたパイ生地、まさに太陽餅なのだが、やはり食感はプロが作り販売しているものは段違い!

生地を幾層にも重ねてパイ生地を作る技量(生地の薄さとか)が違うのだろう。しかし、市販品と同じパッケージで日本の持ち帰れば、とてもよい台中旅の思い出になるこしとは間違いない。



九個太陽

所在地:台中市台湾大道一段176号
電話:04-2221-3639
営業時間:8:00〜22:00

手作り体験 太陽餅/11:00~、14:30分~
パイナップルケーキ/10:30~、14:00~

http://www.ninesuns9999.com.tw/

Photo & text/Hiroyuki-KONDO

RECOMMENDED


RELATED

RANKING