MOBILITY

2021.01.09

NOS搭載! 「鉄仮面」スカイラインRSターボのゼロヨン仕様を1/24で製作! 【モデルカーズチューニング】

スカイライン 2000ターボRS◆Builder:田中利通 ◆Base:アオシマ 1/24

6代目・R30系スカイラインは1981年にデビュー。サーフラインを取り去ったクリーンなデザインが特徴で、ケンメリR以来久しぶりのDOHC搭載車2000RSは、ラインナップ中最も話題となった。
 
エンジンは2L、直4のFJ20E型エンジンで150馬力を発生。このRSがGT-Rを名乗らなかった理由は直6ではなく直4だったからと言われている。
 
CMにはハリウッドスターのポール・ニューマンを起用、これがニューマンスカイラインという愛称の元となった。
 
1983年2月になると、FJ20Eにターボを装着したFJ20ET型エンジンを搭載した2000ターボRSを追加。
 
190馬力となったターボRSは「史上最強のスカイライン」というキャッチコピーが話題となり、同年マイナーチェンジを図り、薄型ヘッドランプでグリルレスというフロントマスクを持つ“鉄仮面”がデビューしたのである。

【写真4枚】カッコよすぎ! 鉄仮面RSターボの詳細
 
鉄仮面のゼロヨン仕様!
 
ここでは紹介するのは改造プラモデル雑誌「モデルカーズチューニング」からの一台。
 
アオシマ1/24の鉄仮面をビルダーの田中利通さんが改造したものである。
 
コンセプトは「深夜(午前2時)の街道ゼロヨン仕様とされた鉄仮面RS」
 
ホイールはフジミのボルク・メッシュ、フロントスポイラーはアオシマのパーツ(ジェネシスオート)、さらにトリム類を取り払ったストリップ状態のインテリアはアオシマのR30グループA仕様のパーツを流用し、助手席跡フロアにはNOSボンベも設置と、テーマに見合った改造内容はお見事のひと言。
 
ホイールにはバルブも追加するコダワり様だ。さらに元のボディにも手を加え、ボディ下半分の内側への折り込みや、フロントウィンカーのクリアパーツ化も実施して、作品全体の説得力を比類ないものに高めている。

modelcars tuning 其の参

写真:服部佳洋

RECOMMENDED


RELATED

RANKING