LIFE STYLE

2021.01.18

「モスラ」に「パンダ」!? 今すぐ飼いたい人気 「シュリンプ」5選【アクアスタイル】

レッドビーシュリンプ

今後の追求が楽しみなハイブリッド種「ファンシーレッド」

レッドビーシュリンプの芸術性の高さは、単純生産で維持できるものではない。

そしてこのファンシーレッドシュリンプはレッドビーシュリンプと比較的似た特色を持つシュリンプであると同時に、新種系の遺伝子を含んでいる場合も多く、外見から固定率を判断するのが難しい品種である。


もともとはドイツからリリースされた品種であるが、空前の人気となったシャドーシュリンプやピントシュリンプとビーシュリンプの交配から同じ表現が得られることもあり、現在はハイブリットシュリンプにおけるスクランブル交差点の中心部のような存在となっている。

レッドビーシュリンプと似た特色というのは、まずベースとなる体色がビーシュリンプベースである点。

後述するシャドーシュリンプやピントシュリンプはそれらに対して艶のある体色が特徴であり、フィルムを薄く透明度を高めたような色合いになっている。

一方レッドビーシュリンプやファンシーシュリンプでは薄い和紙を何層も重ねて表現した重厚感がある。

ただし、現在のレッドビーシュリンプの完成度に比べてファンシーシュリンプの色彩はまだまだ追及の余地が残されており、突発的に発生する見事な色彩の個体を固定、量産するまでには至っていない。

つまり、雑種としての混合種なのか、純血を狙う固定を進めるのかも選択肢が多いばかりにこれからの課題に取り組みたくなる。

そういった部分がビーシュリンプに魅力を感じている方にも共感してもらえるべき種類と考えている。

ビーシュリンプにはできない力強いタイガーバンドや頭部や腹部に現れるサイケデリックな表現はぜひともビーシュリンプを極めた方々に固定率、完成度のアベレージを引き上げてもらいたい。

文:平野 威 

RECOMMENDED


RELATED

RANKING