LIFE STYLE

2021.01.18

「モスラ」に「パンダ」!? 今すぐ飼いたい人気 「シュリンプ」5選【アクアスタイル】

レッドビーシュリンプ

シャドー系の中でも希少性が高い「レッドシャドー」

レッドビーシュリンプの美しさが塗り重ねた漆のような味わいなら、レッドシャドーシュリンプはワインレッドと表現したくなる。

透明感のある美しい色合いは、エビ団子になったときにも爽快な風景に映る。

シャドーシュリンプ全盛の頃、実はレッドシャドーの人気は価格ともにブラックシャドーの陰に隠れており、とくに目立つことはなかった。

むしろ排除される傾向にあったといえるだろう。

シャドーシュリンプ以降の艶のある体色であるピントシュリンプやギャラクシーシュリンプ、クラウドシュリンプなどは、ブラック体色の奇抜な色彩で発表されたあと、徐々にレッドタイプがリリースされて人気となる場合が多い。

その理由の一つとしてブラック個体に対してレッド個体は劣勢にあたり、赤も黒も選別しないで飼育している場合には、おのずと黒個体の方が発生率が高まり、必然的に赤個体が少なくなるからである。

また、劣性である赤系個体は、もともと黒個体に比べて劣性となるゆえ、複雑な模様を表現しにくい傾向にあり、黒個体に比べて魅力的な表現が出にくいのも難点である。

結果的にレッドシャドーはブラックシャドーやターコイズシュリンプの物流量が増えるにしたがって希少性を増し、一部のコアなマニアに支持されるようになった結果、レッドビーシュリンプの伝統をわきまえながらも、シャドーシュリンプの魅力を追及するようになった。

劣勢個体の生産量の希少性が価格と人気を押し上げた事実の一つとして取り上げたい。

また、赤系シャドーシュリンプの体色は淡いワインレッドとほぼ黒に近いブラッディ―レッドのような表現の個体差もあり、観賞する際にも思考を凝らしてしまうだろう。

現在でもブラックシャドーやブラックピントシュリンプよりも希少性があり、赤系の価値を引き上げてきた立役者となっている。

文:平野 威 

RECOMMENDED


RELATED

RANKING