MOBILITY

2021.01.20

メルセデスベンツの電気自動車「EQA」発表! 「GLA」ベースのコンパクト電動SUV【Eマガジン】

メルセデスベンツの電気自動車、EQA250。

メルセデスベンツのコンパクト電動SUV、EQA250が発表された。

EQAは同社のコンパクトSUVであるGLAをベースとした電気自動車で、ドイツでは47,540.50ユーロ(約597万円)から販売。

先に発売された電動SUVであるEQCに次ぐ、メルセデスベンツの第二弾となる電気自動車となる。
 
モーターはフロントにレイアウトされ、バッテリー容量は66.5kWh。
 
200セルの5モジュールのリチウムイオンバッテリーが床下にレイアウトされる。
 
気になるスペックは、最高出力が140kW(190馬力)、最大トルクは375Nm。0-100km/h加速は8.9秒で、最高速度は160km/h。航続可能距離はWLTPモードで426kmとのことだ。

【写真86枚】EQAのエクステリア、インテリアなどをチェック!
 
ナビが充電時間を考慮した最速ルートを計算


 
EVで長距離を走るとなると、途中の充電計画が必要だが、エレクトリックインテリジェンスナビにより、充電時間を考慮し目的地に最も早く到着するルートを計算するという。
 
また、Mercedes me Chargeを使用することで、31か国45万を超える世界最大の充電ネットワーク(ヨーロッパでは17万5000を超える公共充電ポイント)にアクセスが可能。
 
海外旅行時でも、さまざまな充電ステーションを簡単に使用でき、一度登録するだけで請求プロセスも統合されるとのことだ。
 
デジタル設計で実現した高い空力性能
 
電気自動車では空力性能がそのまま電費につながるため、大変重要な要素となるが、EQAは空力開発がデジタルで行われたメルセデスEQシリーズの最初のモデルとなる。
 
風洞テストでは、Cd値0.28を達成。空力に優れたフロントエプロンとリアエプロン、滑らかで密閉されたアンダーボディ、特別なエアロホイールやリアホイールのスポイラーなどにより、その数字を達成している。
 
また、電動パワートレインをシャーシやボディから体系的に分離させ、風切り音を防ぐ設計とともに高レベルの静粛性と振動の快適性を実現した。
 
電費に優れた熱管理システムと運転支援システム


 
電気自動車はエンジンのような熱源がないため、暖房使用時にバッテリーを消耗してしまうが、EQAは標準装備のヒートポンプにより、電動パワートレインの廃熱を利用して車内を暖めることが可能。
 
これにより、暖房時の電力の消費が大幅に削減。エアコンはMBUXインフォテインメントシステムやアプリを介し車外から操作が可能だ。
 
運転支援システムはアクティブレーンキーピングアシストとアクティブブレーキアシストを搭載。衝突の防止や回避のほか停車中の車両や横断歩行者を見分けブレーキをアシストする。
 
 
電気自動車を考慮した衝突安全性能
 
 
GLAの堅牢な構造をベースとしながら、電気自動車としての衝突安全性能も確保。
 
電気自動車では衝突時のバッテリー火災も心配されるが、EQAのバッテリーは、フレーム内で特別に開発された押し出し成形パネル内にレイアウトするほか、前面はバッテリーガードも搭載。
 
バッテリーだけではなく電流が流れるすべてのコンポーネントに対し、徹底的な衝突試験が繰り返され、厳しいプログラムをクリアしたという。
 
安全装備としては、運転席と助手席のエアバッグ、運転席用ニーバッグ、ウィンドウバッグを標準装備。
 
ウィンドウバッグは、1列目と2列目の座席をカバーし、フロントのサイドエアバッグも同様に標準装備された。
 
電気自動車らしいラグジュアリーなデザイン


 
EQAには、メルセデスEQフロントエンドデザインを採用。中央にはスリーポインテッドスターが付いた「ブラックパネル」ラジエーターグリルが装着される。
 
そのほか特徴となるのは、前後の連続ライトストリップ。フルLEDヘッドランプのデイタイムランニングライトに光ファイバーストリップがつながり、高レベルの視認性を確保している。
 
LEDテールランプもLEDライトストリップに融合し、EVらしい特別な印象だ。
 
世界的に人気の高いコンパクトSUV市場に、メルセデスが投入した電気自動車EQA。そのスタイリッシュなデザインやインテリア、充電や走行シーンをギャラリーでご覧いただきたい。

【写真86枚】EQAのエクステリア、インテリアなどをチェック!

RECOMMENDED


RELATED

RANKING