MOBILITY

2021.01.27

ド迫力! 「GRスープラ」に「オバフェン」でさらなるインパクトを! 「80スープラ」譲りの4連テールが粋!【モデルカーズ・チューニング】

GR スープラ パンデム仕様 ◆Builder:須藤一平 ◆Base:タミヤ1/24

ボディパネルの分割や、ダミーの蓋を外すとアクティブになるエアインテーク他、チューニングを前提とした設計が施されるなど、往年のクルマ好きのハートを捉える工夫が随所に施されているGRスープラ。
 
ここでは、改造プラモデル雑誌「モデルカーズチューニング」からプラモデルビルダーが製作した、2台の1/24 GRスープラを紹介しよう。
 
オバフェンカスタムの雄
パンデム仕様をアドバンカラーで決める
 
タミヤ1/24をベースに、パンデム仕様のGRスープラをエポキシパテでワンオフ製作したという力作がこちら。

オーバーフェンダーやフロントのリップスポイラーを自作した他、テールは80スープラをオマージュして4連丸形テールをハウジングの中に仕込んでいる。

パテとプラ板で造形したというリアウィンドウ・ルーバーの仕上がりも見事だ。

クリーンに決まったアドバンカラーのボディに強烈なアクセントとなるホイールは、タミヤのトヨタTS050のディスクとアオシマの19インチリムを組み合わせたというアイデア作。

トヨタ繋がりではあるが、そんな奇想天外なアイデアをまとめるのもビルダーのセンスがあってこそだろう。
こうしてみると、1/24とはいえ迫力の仕上がりに驚かされる。

【写真7点】ド迫力GRスープラ 改造1/24の見事なディテール!
 
ワイルドながらも品よくまとめる圧巻の造形力


◆Builder:藤田人師 ◆ Base:タミヤ 1/24
 
こちらの白いGRスーブラもタミヤ1/24がベース。
 
一見するとワイドリムを履いてウィングを装着したシンプルカスタムに見えるが、実際は前後共にオーバーフェンダー化されている。

純正エアロを活かしながら、さらなるグランドエフェクト効果を狙いディフューザー類をドッキングさせるなど、非常に手の込んだ作品である。
 
フェンダーは逆アール面の造形や面出しの美しさ、そしてフェンダーアーチのプレスラインの清潔感なども手伝って、パテ盛り作品にありがちなボテボテ感のまったくない “薄さを感じさせる”仕上がりとなっている。

ホイールはアオシマのアドバンRS-DFをリム増した上で、リムをボディ同色とすることでまとまりを持たせている。

改造はもちろん、模型製作の基本的なスキルが高いことはボディ塗装の美しさ、細部の塗り分けの清潔感などからもお分かりいただけることだろう。

modelcars tuning 其の十

RECOMMENDED


RELATED

RANKING