MOBILITY

2021.02.08

幻っ!?「ケンメリ」リフトアップ仕様がオフロードレース「バハ1000」に出場!? 【モデルカーズ・チューニング】

ケンメリスカイライン リフトアップ ◆ Builder:天満将考 ◆ Base:アオシマ1/24

映画「ワイルドスピード スカイミッション」では、’67年式シボレー・カマロや’70ダッヂ・チャージャーがリフトアップされ飛行機から落下するシーンが話題となった。

今となっては貴重な往年のアメリカンマッスルカーをリフトアップしてプリランナー風にするなんて、いかにもアメリカ的と言える、この上げ系カスタム。

ローダウンに飽きた人たちにとっては、新しい遊びの形として少数ながら、定着してきているようだ。

【写真4点】極悪「ケンメリ」オフロード仕様の全貌を見る

ケンメリだってリフトアップ!

ここで紹介するのは、改造プラモデル雑誌「モデルカーズ・チューニング」で4代目スカイラインとして1972年に登場したC110系スカイライン。

いわゆるケンメリをベースに改造した作例。

ケンメリのプラモデルといえばシャコタンがデフォルトだが、何と極めて斬新な“アゲモノ”、しかも南米のバハ1000レース出場車両をイメージして制作されている。

リフトアップにあたっては、アオシマのハイラックスの足まわりを流用。

タイヤはタミヤの80系ランクル、これにレベルの’55フォード・ピックアップ用のホイールを組み合わせてアメリカンな足元を演出している。

サビと’70年代的なレタリングで仕上げられたボディも見せどころのひとつ。

実車よりオモロい、改造ブラモデル道に不可能はないのである。

【写真4点】極悪「ケンメリ」オフロード仕様の全貌を見る


modelcars tuning 其の参

写真:服部佳弘

RECOMMENDED


RELATED

RANKING