MOBILITY

2021.02.11

「積雪の悲劇!」でパワーアップした「アメリカン・ガレージ」 「ポルシェ」を収めた躯体は「気候変動」に対応!

’08 年式ポルシェ・ケイマンと’63 年式タイプ1が収まるアメリカンガレージ。普段は農機具が収まる。

埼玉県深谷市、関越自動車道の花園インターを降りると植物や園芸ビジネスを営む地域が広がっている。
 
『ザルゲートガーデン』を営む富田和也さんもその一人で、「ヤシの木」を専門とした造園業を営んでいる。
 
関東近郊に出向き、ヤシの木の販売から施工までを行なっているということだが、3000 坪の敷地で約150 本のヤシの木を育てているのだ。
 
富田さんは、今から約4 年前にこうしたヤシの木が似合う、サイディング材を使ったアメリカンな事務所を建て、そしてその2年後にガレージの設計施工を手がける『ガレージライフ』社が販売しているアメリカン・ガレージを建築。
 
ヤシの木、アメリカンスタイルの事務所、これに似合うガレージは、同社のガレージしかない! と、即決したという。

【写真17枚】ガレージだけでない! DIYで映える事務所も拝見
 
突然の悲劇をバネにガレージを改良!
 
しかし、シャッターを取り付けて引き渡しの日、2014 年2月14日に悲劇が起きる。
 
関東地方は天災ともいえる大雪に見舞われ、関東北部では約80cm もの積雪があり、多くのカーポートが倒れてクルマが下敷きになった。
 
ナンと、富田さんが建てたばかりのガレージも積雪対応ではなかったため、雪の重みに負けてしまったのだ。
 
翌日、施工をした『ガレージライフ』阿部代表が現場に駆け付けたが、ガレージは元に戻らない事態に。
 
これをきっかけとし、同社のアメリカン・ガレージは改良がおこなわれたのである。
 
V フレームのジョイントをより深く接合、V フレーム自体も肉厚とすることで積雪に対応したのだ。
 
その結果、構造計算上では積雪1m でも耐えられる商品となり、新しいガレージは富田さんのもとに届けられることになったのだ。
 
毎日使い倒せる強靭なガレージ
 
この取材はそんな悲劇から1年後に行わせていただいたもの。
 
普段ガレージにはヤシの木を運ぶユンボやトラクターが入るが、撮影のために富田さんが所有するポルシェとVW が入れられた。
 
シャッターには『三和シヤッター』製の電動ガレージドアが設置されている。
 
アメリカン・ガレージは敷地に合わせてサイズが1cm 単位でオーダーができるほか、パネルは13 色から選ぶことができるので、屋根材との組み合わせでなんと144パターンから選ぶことが可能。
 
しかも、改良されたV フレームは強靭となり、メーカーとしてはさらに自信のある商材となったのだ。
 
改良されたアメリカン・ガレージは富田さんにとって何ひとつ不足ない仕上がりになっているという。
 
何より、毎日使うための倉庫も兼ねているので、ルックスだけではなく耐久性など品質が重要になるのだそうだ。
 
ガレージの内壁には棚が設置され、植物園の道具と、資材が収まっていたが、毎日ガシガシ利用されていることがよく分かる。
 
ヤシの木が似合う家、ガレージの参考に!
 
また、アメリカンなデザインの事務所内装は、スタッフのDIYペイント作業などを施し、お客様と打合せするオシャレなスペースやキッズスペースが用意されている。
 
ヤシの木が似合うアメリカンな空間で打合せをし、気にいったヤシの木を選んでもらう。
 
また、将来マイホームのシンボルとなるツリーを提供するのが『ザルゲートガーデン』のポリシーだ。
 
富田さんが育てているヤシの木は5種類。
 
ヤシの生育には木に適した気温と、日照時間などが必要で、植える場所は関東から南が適しているそうだ。
 
Vフレームのジョイント、そして構造が改良されたアメリカン・ガレージは、オーダーに応えて全国22か所の販売代理店により建てることが可能だ。

【写真17枚】ガレージだけでない! DIYで映える事務所も拝見


OWNER’S CHECK

■一番気にいっているところは?

日本デザインの窓とは異なり、アメリ
カ製の上下させる窓が気に入ってます。

■ちょっと失敗したところは?

ガレージのサイドにドアを1 枚設けましたが、もう1 枚入れておけばもっと便利だったかもと考えるときがあります。

■次の夢はなんですか?

内装をもっと時間をかけて仕上げていきたい。
 

COMMENT FROM A BUILDER


株式会社ガレージライフ


阿部直之さん

想定外の積雪より富田代表には迷惑をかけましたが、V フレームの新たな開発により新バージョンの導入に至りました。これからも安全対策を万全として、長いお付き合いができるガレージを建築していこうと考えています。

毎日、使っていただいてるガレージは生活の質を上げるうえでも重要になるでしょう。

〒981-3312

宮城県黒川郡富谷町とちの木2 丁目6-16

phone:022-348-0770


ザルゲートガーデン

所在地:埼玉県深谷市武蔵野3895

phone:048-584-3746 

FAX:048-584-0665

営業時間:am10:00 ~ pm5:00

Photo/Masatake-ISHIKO(石河正武) Text/Jun-ISHIHARA(石原 淳)

RECOMMENDED


RELATED

RANKING