MOBILITY

2021.03.07

【西部警察】マシンRS用Fスポに「200系クラウン」ドアハン、バルカンヘッドでユーロ風?スカイラインDR30に!! 【モデルカーズ・チューニング】

◆Builder:桑野裕介 ◆Base:タミヤ 1/24

1981年にデビューした6代目スカイラインR30系。

サーフラインを取り去ったスクエアでクリーンなデザインが特徴で、ケンメリR以来久しぶりのDOHC搭載車となったRSは、ラインナップ中最も話題となった。

CMにはハリウッドスターのポール・ニューマンを起用、これが愛称ニューマン・スカイラインの元となっている。

ここでは改造ブラモデル雑誌「モデルカーズ・チューニング」から、そんなR30系スカイライン4ドアの作例を2台ご覧いただきたい。

【写真6枚】ユーロプレートにチェリーテールも似合うR30を見る!

ユーロの達人が作ったラグジュアリースポーツ

写真のブラウンメタのスカイラインは、ヨーロッパのチューナーが手掛けたような瀟洒な雰囲気にDR30をアレンジした作品。

リップ延長加工した『西部警察』マシンRS用Fスポイラー、リアバランスパネルの下方延長などで視覚的重心を下げ、バルカンヘッドライト、アオシマの200系クラウンのドアハンドル、アイライン、逆さにつけたローレルウィンカーなどで欧州車風味を加味した上で、チェリーテールなどで遊ぶ。

ホイールはタミヤのトムス84C用を加工。実車用塗料を使ったボディ塗装、ウィンドウ類の着色まで全体の統一感も見事だ。

親友のかつての愛車を1/24で再現


Builder:大石恒精 Base:タミヤ 1/24

こちらは親友が免許取得後最初に乗っていた愛車を、忠実に再現したという1作。

前期ルックの後期型ポール・ニューマンVer.という実車を、内装を後期のものに交換して忠実に再現しているが、外観からは、後期用ドアミラーにその片鱗が窺える。

ベースキットはタミヤのGTターボだが、実車に倣ってRSグリルを装着、ホイールはアオシマのホシノインパル。

渋いスタイルはギャラリーでぜひ確認いただきたい。

【写真6枚】前期ルックの後期型ポール・ニューマンも見る!

modelcars tuning 其の参

写真:服部佳弘

RECOMMENDED


RELATED

RANKING