LIFE STYLE

2021.03.27

まさに春の「水中風景」! 美しい「アクアリウム」はプロの水草レイアウト術から学ぼう! 【アクアスタイル】

カージナルテトラが泳ぐ、清々しい水景を製作!

コロナ禍でアクアリウムを自宅で楽しむ方が増えている。

美しい水景は、インテリアの一部として心をリラックスさせるのにもピッタリだ。

ここでは、プロに学ぶ水草レイアウト水槽を5つ紹介させていただこう!


写真のアクアリウムは、生き生きとしたグリーンに包まれた世界を切り取ったかのような水景。

制作したのは、専門店「水草屋・極」の澤田卓也さん。長年水草の育成を手がけてきたプロである。

底面を覆い尽くしているのは、ニューラージパールグラス。

小さな明るい葉が密集していて美しい。また、上から覆い被さるように繁茂しているのはグリーンロタラだ。

二酸化炭素を添加して、状態よく水草を育成させている。

また、ニューラージパールグラスとグリーンロタラの境目から、ボルビディスspやブセファランドラの姿が少しだけ垣間見え、レイアウトのアクセントになっている。

魚はあざやかな色彩のカージナルテトラを泳がせている。

まるで断層のような力強い風景!




初めは、写真のアクアリウム、まるで断層が現れたかのような景色が特徴的だ。

横に配置された流木が横に流れるようなラインをつくる層をつくっているように見える。

その断層の上と下に水草が植えられ、2階建てのような様式がおもしろい。

流木を横に寝かせて配置して後方に植え込みスペースをつくることで、立体的な景観を演出。

水槽の底には底面フィルターを設置し、6㎝ほどの厚さでブルカミアを投入した。

そして、流木を配置し上部の植え込み部分にもソイルを入れる。


1階部分には、ルドウィジア・プレビベスやアメリカンスプライト、ポゴステモン・メンメンなどを植栽。

そのほか、流木に活着させた南米ウイローモスなどを、すき間などに配置している。

2階部分にはパールグラスやロタラ・インジカを植え込んでいる。

奥行き感を出すためには、後景に使う水草は葉の小さいタイプが適す。

パールグラスなどはこまめにトリミングを行い、こんもりとして茂みをつくるように育てるとよいだろう。

生体は、ラスボラ・エスペイとカージナルテトラを泳がせ、そのほか、コケ対策にヤマトヌマエビを飼育している。


カメラ&テキスト:平野 威 Takeshi Hirano

RECOMMENDED


RELATED

RANKING