LIFE STYLE

2021.03.27

まさに春の「水中風景」! 美しい「アクアリウム」はプロの水草レイアウト術から学ぼう! 【アクアスタイル】

カージナルテトラが泳ぐ、清々しい水景を製作!

初心者でも管理しやすい、ビギナー向けに制作された水槽。

おもしろい形状の流木を左側に配置し、流木のまわりを中心に複数の水草が植えられている。

 水草はウィステリア、レッドルドウィジア、ロタラ・インジカ、クリプトコリネ・ウンデュラータ、バリスネリア・ナナ、ウィローモスなどを使用している。

とくに、丈夫で安価な水草のみを選んでレイアウトされているのが特長だ。

水槽のサイズは幅40㎝と小さいので、置き場所に困らず、手軽な管理で維持できるだろう。

「美しく整えられた小さな水草レイアウト」

小型水槽を美しく彩っている水草レイアウトだ。

水槽サイズは幅36㎝。山谷石を使って前方と後方をきれいに分け、前景にリシアを繁茂させている。

後景にはラージパールグラスを植え、その手前に種類の異なるスタウロギネを配置した。

CO2はADAのスターターキットを利用し、2秒に1滴添加。

きれいに3層に分かれた水草は、魚が泳ぐために整えられた舞台のよう。

この水景を泳ぐ魚はバルーンコバルトブルーラミレジィと、バルーンプリステラだ。

個性ある魚が引き立つレイアウト水槽だ。


カメラ&テキスト:平野 威 Takeshi Hirano

RECOMMENDED


RELATED

RANKING