LIFE STYLE

2021.03.09

まさに「ラピュタ」! 癒しの「アクアリウム」を「アート」にした、プロの「水草レイアウト」水槽5選! 【アクアスタイル】

「不思議な水辺の世界を 表現した天空の秘境」 レイアウト制作_広瀬祥茂(ヒロセペット谷津本店)

自宅で過ごすことが増え、人気が出てきている観賞魚のアクアリウム飼育。

アクアリウムで水草を育てるなら、
部屋のインテリアとして、そのレイアウトにもこだわりたいところだ。

しかし、思い描いたとおりの世界をつくり、
維持することは、そう簡単なことではなくお手本が欲しいところ。

ここでは、アクアリウムの専門誌「アクアスタイル」より、見てるだけで癒される! プロが作った水草水槽を5つ紹介させていただこう。


「明るい緑に多彩な生命が息づく森!」


レイアウト制作:吉原将史(ブレス)

明るいグリーンが際立つ、美しい水草レイアウト水槽。

流木を左右に配置させた、谷型タイプの構図で制作されている。

この作品を手がけたのは専門店「ブレス」代表の吉原将史さんだ。

中央の奥から前面に広がる部分にはグロッソスティグマとヘアーグラスを密植させ、奥行きのある広々とした野原の雰囲気を演出。

左右には奥深い森をイメージさせる。

野原と森の境目には色彩の異なるクリプトコリネを配置させ、風景の違いを鮮明にさせている。

森を構成する左右の水草には、グリーンロタラやロタラ・ナンセアン、ミリオフィラム・マットグロッセンセ、パールグラスなどの有茎種をバランスよく植栽。

赤い葉が特徴のニードルリーフルドウィジアを中央奥に配置させ、明確な色彩の変化をつけることで、奥行き感をアップさせているのも特長といえる。


また、流木に活着させたウィローモスが生長し、苔むした森の深さを連想させる。

さらに、ミクロソリウムやボルビディスなどのシダ系植物も深い森をイメージさせるのにぴったり。


魚はカージナルテトラを中心に、ダイヤモンドテトラやレッドファントムテトラ、ゴールデンハニードワーフグーラミィなどをセレクト。

個性の異なる小型種を泳がせることで、多様な生命が生まれる「豊かな自然」を再現している。


奥行き感のある流木メインのレイアウト。いずれは目指したい、本格的な水草水槽だ。

DATA

水槽●キューブガーデン・90×45×45㎝(ADA)

照明●グランドソーラーⅠ(ADA)

フィルター●エーハイム2075(カミハタ)

水草●グロッソスティグマ、コブラグラス、ウィローモス、ヘアーグラス、クリプトコリネ・ウェンティグリーン、クリプトコリネ・ウェンティブラウン、ミクロソリウム・ナローリーフ、ボルビディス・ヒューティロッティ、グリーンロタラ、ロタラsp. ベトナムHRA、ロタラ・ナンセアン、ミリオフィラム・マットグロッセンセ、パールグラス、ニードルリーフルドウィジア

魚●カージナルテトラ、ダイヤモンドテトラ、レッドファントムテトラ、ゴールデンハニードワーフグーラミィ、オトシンクルス、ヤマトヌマエビ

写真、文:平野 威 Takeshi Hirano

RECOMMENDED


RELATED

RANKING