MOBILITY

2021.03.11

墜落っ!『西部警察PARTⅢ』の『仙台爆破計画』で「日産サニー宮城」の屋上から落ちた「332セドリック(SGL-Eエクストラ)」を再現! 【モデルカーズ・チューニング】

332セドリック ◆Builder:小田島俊介 ◆Base:アオシマ1/24

1981年春にアオシマのカー・プラモデル期待の新星として発売された『ザ・チューニングカー』シリーズ

そのシリーズ第三弾として発売された330セドリックは、後期型FタイプSGL-Eのモデル化であった。

スカイラインやローレルとは違い、後輪は実車のリジッド構造を反映して、ハの字シャコタンへのアレンジは採用されていない。当時はメーターパネルにも麦球を仕込むことが可能だった。

ここでは、改造プラモデル雑誌「モデルカーズチューニング」の作例から、異なるアプローチの2台を紹介していこう!

【写真6枚】シブすぎる330セド2台!

華麗なダイブを決めたあのスタント車輌を再現

写真は 『西部警察PARTⅢ』の仙台ロケ編『仙台爆破計画』にて派手な追跡劇を繰り広げ、挙げ句に日産サニー宮城の屋上から墜落する332セドリック(SGL-Eエクストラ)を再現した作例。

困難なセダン化を巧みに成し遂げており、自作したフロントグリルやテールレンズの完成度は、ピカイチだ。

ホイールはニチモの430セドリックに付属するメッシュを幅調節して流用している。


ラメ成型ボディを活かしたクリーンフィニッシュ




◆Builder:牧野 塁◆Base:アオシマ1/24

プラスチックの中に粗いメタルフレークを混入させたラメ成型は、国産プラモではアオシマが先鞭をつけた。

牧野さんの作品は、このラメ成型のボディを活かし、GSIクレオスのスーパークリアーでオーバーコート。

ホイールは「Hot Rod」仕様のキットからクレーガーを流用、微妙なヒップアップスタイルですっきりとキメている。

【写真6枚】ラメラメ 330セドを拝見!

modelcars tuning 其の参

写真:服部佳弘

RECOMMENDED


RELATED

RANKING