MOBILITY

2021.03.21

ナンダコリャ! 顔は「ケンメリ」お尻は「ダルマ」!? 「シャークノーズ」も「鉄板溶接」も「改造プラモ」ならでは【モデルカーズ・チューニング】

ケンメリ スカイライン ◆Builder:志村五右衛門 ◆Base:バンダイ1/20

1972年に登場した4代目スカイラインとなるC110系は、“ケンとメリーのスカイライン”のキャッチコピーでセールス面では大成功を収め、今も“ケンメリ” の愛称で親しまれている。

基本的なメカニズムは先代ハコスカC10系から継承しつつ、ボディサイズは若干大きくなり、装備類も豪華さを増した。

カスタムベースとしても人気のケンメリ。

ここでは改造プラモモデル雑誌「モデルカーズ・チューニング」よりそんなケンメリの作例を紹介していこう。

【写真6枚】ド派手改造、ケンメリ作例2台を見る!

当時を知るものならではの抜群の説得力

写真はジャンクで入手したバンダイ1/20のキットをベースに、“鉄板溶接族車(当時風)”というコンセプトで仕上げたもの。

ビルダー的にはバンダイのケンメリのフロントマスクに違和感を覚えたため、シャークノーズに変更。

その他、ワークスフェンダー、リアスポイラーなどをすべて鉄板溶接で一体化させてしまったような1980年代のお目立ちマシーンを再現。

ボディは自家塗装をイメージしたムラサキ一色で仕上げられている。

シブく、そして高級感すら漂わせる


◆Builder:近藤直治 ◆Base:アオシマ1/24


角目4灯、小ぶりな水野ワークスのオーバーフェンダー、セリカLBテールとアオシマの改造パーツの傑作を贅沢に投入した作品。

敢えてミッドナイトパープルというシックなカラーを選んだことで“オトナの街道レーサー”といったイメージの演出に成功している。

modelcars tuning 其の参

RECOMMENDED


RELATED

RANKING