MOBILITY

2021.03.23

まるで1/1の模型!? ガラス張り「ガレージ」に1959年式「アルファ・ロメオ」を展示! 「ミュージアム系」ガレージハウスを拝見【ガレージライフ】

1959年式 アルファ・ロメオ ジュリエッタ・スパイダーの入るガレージ

父親がクルマ好きだった影響で、子どもの頃から旧車でのツーリングなどを楽しんできたMさんにとって、ガレージのある家での愛車との共生は理想とするものだった。

昨年完成した自邸では、各所から愛車を眺めつつ、赤いアルファ・ロメオとの共生を日夜満喫している。

アルファ・ロメオ、750 系ジュリエッタ・スパイダー・オーナーであるMさんのガレージハウス。

その特長を端的に説明すると「水盤のあるガレージコートハウス」ということになる。

ここで言うコートとは中庭のことで、M邸にはガレージと中庭が織り成すスペシャルな空間を楽しめるポジションがたくさん存在している。

施主のMさんは、ガレージの床面よりも一段低くなった場所にあるリビングのソファからジュリエッタ・スパイダーを眺めるのが好きだという。

せっかくなので筆者もMさんの定位置となっているソファに座らせてもらい、中庭&ジュリエッタ・スパイダーのほうを拝見してみた。

たしかに旧いアルファ・ロメオならではといえるスタイルのよさが際立つアングルと目線の高さになっていた。

【写真17点】ミュージアム系ガレージの驚くべき室内!

建築家に伝えた要望は2点だけ!

「ジュリエッタ・スパイダーを購入してから10 年になりますが、この家を建てるまではマンションに住んでいたので、アルファ・ロメオは実家に置いていたんです」

「マンションから実家までの移動時間はわずか2~3 分でしたが、気分的にはもっと遠く感じてしまい、乗る機会が減ってしまったんですね」

「ですから、愛車との距離感が近い家を造りたくて、3 年ぐらい前から行動を起こしました」

土地探しに難航したそうだが、資材置き場として使われていたスペースを2 年ぐらい前にゲットすることに成功。

プランニングに一年ぐらい費やし、半年かけて丁寧に施工したとのことだった。

中庭があることにより、ガレージの真正面にあるリビングからはもちろん、1 階のダイニングや2 階の子供部屋および寝室からもジュリエッタ・スパイダーの存在を感じることができる。

しかし、Mさんから設計のプロに伝えたリクエストは「中庭がある」「クルマを見えるようにしたい」という2点だけだったそうだ。

M邸は、施主からの要望がシンプルであったがゆえに設計のプロがいいアイデアを出し、それが素晴らしい住空間として結実した好例だといえる。

これからガレージのある家を造ろうと思っている方は自分の理想を簡潔に説明できるようにしておくと良いかもしれない。

「昨年の秋は中庭でご飯を食べたり、バーベキューを楽しんだりしました。水盤はお湯も出るので、今年の夏は娘たちが大いに遊べるでしょう」

「きょうは外していますが、いつもダイニング側にハンモックを吊っているんですよ。夕方になると中庭をライトアップしているので、その雰囲気も見てほしかったですね。ジュリエッタ・スパイダーも昼間とはまた違った表情になります」

安全に子育てできる最上のスペースであり、ガレージライフをより豊かなものにしてくれる名脇役にもなっている中庭は、これからもMさんファミリーにたくさんの笑顔と楽しい思い出を提供してくれるだろう。


ガレージ内のクルマ


1959年式 アルファ・ロメオ ジュリエッタ・スパイダー

2002年式 BMW M3

2013年式 ランチア・イプシロン
 

Owner’s Check

ここがお気に入り

ライトアップされた中庭やガレージを鑑賞できるところ。夜間に中庭側から室内を見たときに感じる大人っぽさもお気に入り。


ちょっと失敗

ガレージドアの色を決定する際に、明るいほうを提案されたが暗いほうをチョイスしてしまったこと(家が暗い印象になってしまった)。

 
これからの夢

ガレージライフを楽しみつつ、子どもたちを連れてクルマのイベントに参加したい。

 
読者へのアドバイス

建築のプロに具体的な要望を伝えすぎないようにすると、建築のプロならではのアイデアが出てきて、よりいいものになると思います。

 

建築家からひとこと
 

近藤晃弘建築都市設計事務所

近藤晃弘さん
 

中庭(コート)とクルマ(ジュリエッタ・スパイダー)を同時に楽しめる空間を考えました。

お料理をしながら、お食事をしながら、くつろぎながら、そして、中庭で遊びながら……といったような日常生活の中におけるあらゆるシーンにおいて、いつでも愛車の存在を感じ、一緒に楽しめることを目指したわけです。

中庭にガレージを飛び出させたり、リビングのフロアをガレージの床面よりも低くすることで、ジュリエッタ・スパイダーを様々な目線で楽しめるようにすることも考えました。

夕方になると中庭をライトアップできますので、昼間以上にジュリエッタ・スパイダーの美しいスタイルを楽しめます。

ガレージのある家 vol.38

photo / Keigo KIMURA(木村圭吾)  text / Hidenori TAKAKUWA(高桑秀典)

RECOMMENDED


RELATED

RANKING