LIFE STYLE

2021.03.23

無重力!? 人気の「アクアリウム」をプロに学ぼう! 水草レイアウト水槽6選【アクアスタイル】

ダイヤモンドペレズテトラを主役にして、カージナルテトラやレッドファントム・ルブラを泳がせている水槽。

八海石という石を使った、幅120㎝の水草水槽。石は全体に丸みを帯びた形で、表面には大小の凹凸がみられる。

この八海石の個性を生かしたレイアウトがこちらだ。


左右になだらかな斜面をつくり、メインになる石を右側に配置。

あとはそれぞれサイズの異なる石を高低差をつけながら、その表情がよく見える位置に配置している。

水草はヘアーグラス、ショートヘアーグラスだけ。

シンプルな構成で石の表情をより引き立てている。

丸みを帯びた石のため、水槽全体にやわらかな印象をもたらし、繊細で明るい水草とともに、落ち着いた安らぎのある景観を作り出している。

群れをつくって泳ぐインパクティスケリーの姿も美しい。

「初心者でも手軽につくれて管理ができるレイアウトの手本」

メンテナンス性を考えてつくられた水草レイアウト水槽で、ヒロセペット成田空港店の小川基明氏によるアクアリウムだ。


レイアウトの骨格をなす流木は、大きなタイプの流木を利用。

流木の先端が右奥から左手前に向かうように配置することで、ナチュラルな雰囲気を演出している。


水草は、ロタラ・インジカやポゴステモン・メンメン、レッドルドウィジア、タイガーバリスネリア、ネサエアsp.、クリプトコリネ・ウェンティブラウン、南米ウィローモスを植栽。

大きな流木のまわりを中心に植えつけている。

水草はいずれも比較的丈夫で、二酸化炭素の添加は必要なく、初心者でも育てやすい種類を選んでいるのが特長だ。


また、生長したウィローモスの巻き直しがしやすいように、小さな流木や溶岩石にのみウィローモスを活着させているのもコツ。

ところどころに活着したウィローモスを配置して自然感をアップさせている。

形の良い流木さえ入手すれば、初心者でも簡単に素敵な水草レイアウトがつくれるというお手本のような水槽といえるだろう。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING