MOBILITY

2021.04.06

憧れの「平屋」で「ガレージ」と「BBQ」を楽しむ! 「トライアンフ」と「ワーゲンバス」が似合う「ミッドセンチュリー」な家! 【ガレージライフ】

ミッドセンチュリー風の平屋+2階のデザインはまるで海外!?

福島県に建築された、約160 坪に広がる平屋+2階建の大きなガレージハウス。

まるでそこはカリフォルニアの雄大な高級住宅街の景色。

日本とは思えない別世界が広がっていた!

今回の物件を設計したのは、福島県で注文住宅を手掛ける「株式会社TDF」。

駅からおよそ10 分の住宅街をTDFが取得、ディテールにこだわったアメリカンテイストの住宅街を開発したという。

この大きな邸宅は、2020年8月に竣工した。

3年前に結婚、現在は子どもにも恵まれている施主は、結婚当初から将来はガレージハウスを建てたいと考え、新居を探していた。

イメージはTVドラマで観た、アメリカのセレブが暮らしている平屋のカリフォルニアスタイルの邸宅。

しかも駅近の大きな土地を探していたところ、建築条件付きのL字型ではあるが、約160 坪の土地があるという情報が入り、TDFの設計・谷津さんと出会ったという。

アメリカの平屋をイメージしていたという施主に、谷津さんがたびたび訪問していたパームスプリングスのミッドセンチュリー住宅デザインを提案したところ、見事に好みが一致。

こうして2018年、プランニングがスタートした。

【写真14枚】母屋とは別の秘密ガレージも拝見!

大きな窓を持つ平屋!



大きな窓を持つ平屋の住宅にはじつは木造在来工法を用いているが、特徴のある片流れの屋根のデザインや最大限に採った大きな窓には耐力壁が少なく、構造計算が煩雑に。

しかしこの大胆な設計こそ、施主が描いていたアメリカンな住宅のイメージと上品なスタイルを具現化させた大きな要素なのだという。

また、アメリカで買い付けたライトやポストなど、ディテールにこだわることでも、青空が似合うカリフォルニアスタイルを再現している。

「アメリカンな平屋」という外装だけでなく、内部にも「リビングは最大限大きなスペース」でというこだわりがあった。

そこで当初計画よりも広めの49.68㎡を確保したという。

この広いリビングで印象的なのは、TV のバックに張られた石材。

側面の大きな壁に飾られた、この壁のために作家に依頼した大きな作品とともに、上質さを演出している。

2階の子ども部屋やガレージに用いたパステルカラーは、日本の住宅メーカーではなかなか採用することが少ない色味だが、大胆に採用。

これが功を奏し、建物全体の印象を大きく変える結果となった。

そして中庭にはパームツリーが植えられ、友人たちをゲストとして呼んだときに楽しめるよう、セカンドキッチンを設えるなど、プライバシーを確保しつつ楽しめる空間を演出している。


ガレージはデザインと機能性が同居



ガレージにはクラシックカーとカスタムバイクが格納されているが、オイル漏れを考慮して床面には600mm四方のタイルを敷き詰めた。

リモコンで操作ができるオーバーヘッドドアや有圧換気扇を導入するなど、ガレージの快適性を上げるアイテムも充実。

ガレージの壁面はイエローのクロスで仕上げ、ミッドセンチュリーなデザインのライティングをするなど、今までのガレージとは趣向が異なる仕上がりに、施主も大満足の結果となった。

奥様のクルマやほかのクルマには、母屋とは別に2台用のカスケードガレージが用意された。

このガレージは福島県の積雪を考えた、積雪対応のスチールガレージ。屋根に細かなリブを入れることで、耐久性に優れている。

この付近だけがカリフォルニアにいるかのような錯覚に陥るデザインは、TDF・谷津さんがパームスプリングスで見てきた街そのもの。

「これもひとえに、細部へのこだわりの積み重ねのおかげ」「何回も打ち合わせして、リクエストに応えたことに感謝したい」と、施主は笑顔で語ってくれた。

【写真14枚】母屋とは別の秘密ガレージも拝見!

DATA

所在地:福島県
家族構成:3人
構造:木造軸組工法
敷地面積:553.25㎡
延床面積:199.84㎡
ガレージ面積:29.25㎡
竣工:2020年8月
外装仕上げ:吹き付け塗装
内装仕上げ:クロス+塗り壁


ガレージに収まるクルマ

1969 年式カルマン・ギア・コンバーチブル
1967 年式カルマン・ギア
1967 年式VW タイプ2
トライアンフ6T サンダーバード
トライアンフTR6


OWNER’S CHECK
 

一番気にいっているところは?

絵画が飾ることができた大きなリビングと石張りで貼ることができた壁面

 
ちょっと失敗したところは?

浴槽もオーダーすればよかったと少しだけ後悔しています。


次の夢はなんですか?

今年の夏は、中庭に簡易的なプールを設置して子どもに楽しんでもらいたいですね。

落ち着いたら友人たちとバーベキューも楽しみたいと考えています。


【Garage Life】

Photo/Hiroyuki-KONDO(近藤浩之)  Text/Jun-ISHIHARA(石原 淳)

RECOMMENDED


RELATED

RANKING