MOBILITY

2021.05.09

「ハンサム」すぎ!「GX61マークII」の「フジミ」ペッタンコを楽しもう! 【モデルカーズ・チューニング】

GX61マークII Builder:鵜飼 誠 Base:フジミ 1/24

現在もフジミのカーモデルの基幹シリーズとして愛されるIDことインチアップディスクシリーズ。

その創成期とも言える1980年代初頭、フジミは起死回生を狙っていた。

当時のフジミはこれといった看板商品もなく、業績も決して芳しいものではなかった。

だからこそ当時の社員たちは知恵を絞った。

お金はかけられないが、多くの人を楽しませるものは出来ないか。

その答えがインチアップディスクシリーズである。

上から押しつぶしたような平べったい形は、簡単に言えば「どこか似ていない」。

しかし、これは“似ていないのではなく、シャコタンにした時に低さが強調されるような形に、意図的にデフォルメさせているのだ。

「フジミ ペッタンコ」ともいうべき、インチアップディスクシリーズ。

その作例を、改造プラモデル雑誌「モデルカーズ・チューニング」から紹介させていただこう。

【写真8枚】カッコよすぎのフロントマスクを見る!

イーグルマスクがますますハンサムに!

その存在を知ってから、約30年たって初めて手にしたというビルダーが作成した、こちらのGX61マークII。

GX61は1980年に登場した4代目コロナ マークIIの後期モデルだ。

中でもハードトップはイーグルマスクと呼ばれるスタイリッシュなグリルが特徴で、今でも絶大な人気を誇る。

IDシリーズ、近年の再販品はクリアパーツが新金型部品(オリジナルが紛失したために永らく再販されなかった)に変更されており、ヘッドライトやテールライトのレンズカットが格段にリアルになっている。

制作にあたってはボンネット断面形状の修正、ヘッドライトリフレクター(アオシマのAE86レビン用加工)の追加などを行っている。

インテリアは完全に素組み。

ホイールはフジミのボルクメッシュに、アオシマの引っ張りタイヤを組み合わせている。

modelcars tuning 其の参

RECOMMENDED


RELATED

RANKING