MOBILITY

2021.06.04

「日産アリア」限定モデルの予約スタート、価格は660万円から! フェンシング太田氏はお先に試乗【Eマガジン】

日産自動車株式会社は、4日、新型クロスオーバーEV「日産アリア」の日本専用特別限定車「日産アリア limited」を発表すると共に、同日、新たに開設したグローバル統一の予約サイトを通じて、日本国内での予約注文を開始した。

日本で発売する「日産アリア」は、66kWhバッテリー搭載車(B6)の2WDとe-4ORCE(4WD)、91kWhバッテリー搭載車(B9)の2WDとe-4ORCE(4WD)の4グレードに予約注文限定の「limited」を設定。

価格は660万円から790万200円で、今回予約注文を開始するのは、4グレード全て「limited」となる。

なお、B6 2WD「limited」は今冬より、その後その他モデルを発売していく予定で、日本以外の世界市場でも、今後、予約注文を開始するとした。

【写真16枚】日産アリアの限定車を見る!

革新的な日産のクロスオーバーEV

昨年7月に世界に向けて発表した「日産アリア」は、日産が培ってきた電気自動車のノウハウと最新のコネクテッド技術を融合させたスタイリッシュで革新的なクロスオーバーEV。

力強い加速、滑らかな走り、EVの特性を活かした静粛性を兼ね備え、室内は、ラウンジのような心地よい高級感溢れるデザインで統一し、ドライバーや同乗者を温かく迎え流としている。

「日産アリア limited」は、先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」や「プロパイロット リモート パーキング」など、最先端の運転支援技術を標準搭載。

ボディカラーは「limited」でしか購入できない2色の限定2トーン(バーガンディー/ミッドナイトブラック、シェルブロンド/ミッドナイトブラック)をはじめとする、全5色をラインアップしている。

インテリアには、心地よいドライブに一層の開放感をもたらす「パノラミックガラスルーフ(電動チルト&スライド、電動格納式シェード付、リモート機能付)」や、柔らかくプレミアムな質感のナッパレザーシート(ブルーグレー)を標準装備。

さらに「日産アリア」専用サウンドシステムである「BOSE Premium Sound System&10スピーカー」を標準装備しているため、まるでコンサート会場にいるような臨場感をご体感できるとしている。

また、「日産アリアlimited」専用の装備として、エアロダイナミックなデザインlimited専用色19インチアルミホイールカバーや、スタイリッシュなキッキングプレート(ARIYAロゴ付LED)をフロントとリヤドアに設定。

また、日本の伝統美と先進性を融合したインテリアにふさわしい枯山水をモチーフとしたlimited専用色フロアカーペットも用意した。

「日産アリア limited」発売後に販売を開始する「日産アリア」標準車の実質購入価格(省庁や各自治体からの補助金を差し引く)は、約500万円からとなる予定。

オンライン購入に対応する予約サイトを開設

日産は、今回の「日産アリア」予約注文の開始にあたり、世界的に加速するデジタルシフトに対応するため、日産初となるグローバル共通のアリア専用予約サイトを開設。

専用の会員サイト「クラブアリア」に入会することで、購入検討、予約注文、商談など、様々なタッチポイントにおいて、デジタルを通し行うことが可能となる。

また、ニーズに合わせ、販売店舗における試乗や対面式の商談とデジタルを、自由に組み合わせることも可能。

さらに「クラブアリア」会員限定のオンラインイベントやリアルな試乗体験にも参加可能。

フェンシング太田雄貴さんはすでに試乗!

予約開始日の16時からは日産アンバサダーのフェンシング協会 太田雄貴さん、日産アリア開発責任者の中嶋光さんらによるトークショーが展開され、視聴者からの質問にもリアルタイムで応えた。

太田さんはアリアに一足先に試乗、その印象を「まさにアスリートで、足腰が強くしっかりしている。走った時に、中腰で地面に吸い付いて行くような、スポーツカーのような感覚」さらに「乗った瞬間ポロっと出てくるワードが欲しいというもので、頑張ったら手が届く」とコメントしていた。

「注文は今日だが、いつ乗れる?」との視聴者からの質問に、今年の冬には準備でき、年内は頑張るとマーケティングマネージャーの柳信秀さんがコメント。

そのほか「アリアに乗ってキャンプに行きたいが、大容量のバッテリーからコンセントで家電が使える?」との質問には何もなしには無理で、充電口から電気を引き出す「パワームーバー」を使えば大丈夫と返答がなされた。

そのほか、日産アリア開発責任者の中嶋光さんによると、アリアは乗る人全てが感動するCセグメントSUVで、日本の駐車場の事情を考えるとちょうどいいサイズと説明。

しかしながら、室内の空間はワンクラス上のDセグメント並みの空間で、それには新開発の薄型バッテリーをタイヤとタイヤの間、全面に敷いたこと。

また、コンパクトなモーターを採用したことにより、空いたスペースにエアコンのユニットを入れ室内空間を大きく取ったことにより実現したと説明した。

また、左右方向のモータールームも小さくしたことで、タイヤの切角を大きくとって、ワンクラス下のクルマと同程度の小回り性能を実現したとしている。

ラウンジを目指した室内!

そのほか、高品質なシートと木目調の中にボタンが組み込まれたインストパネル、高遮音ボディに夜圧倒的な静けさでラウンジのような室内を実現。

ドアを閉めた瞬間にシーンといった静粛な森の中にいるかのような空間となったとコメント。

走行中の静けさは、新型モーターで最適な磁界のコントロールをし、滑らかで新幹線のシートに座っているかのような乗り心地となっていると表現。

新開発のタイヤ、サスペンションなどで、滑らかで振動の少ない乗り心地を実現するとともに、バッテリーを低い位置に搭載し、前後タイヤの重量配分が、53:47とスポーツカー並の運動性能を実現したとしている。

また、車内2つの12.3インチディスプレイは、スワイプ操作が可能なタッチ式ディスプレイで、メーター側にナビを移動できセンターディスプレイで他のコンテンツを楽しめることが可能。

さらに対話型インターフェイスを搭載し、アレクサで自宅の家電のオンオフも可能としている。

運転支援では、プロパイロット2.0を搭載し、ハンズオフ、車線変更支援を可能にしたほか、順天頂衛生とGPSでさらに使いやすく進化。

プロパイロットリモートパーキングで、車を外からインテリジェントキーで操作することも可能となるとのことだ。

バッテリーには、温調システムを採用することで、充電時に安定的なパフォーマンスが得られるとのこと。

走行性能では、前後ふたつのモーターを同時に制御するe-4ORCEを搭載したモデルは、市街地からワインディング、雪道も安定した走行を実現。

加速性能はフェアレディZと同程度とのことで、走りの実力も楽しみだ。

【写真16枚】日産アリアの限定車を見る!


【Eマガジン】

RECOMMENDED


RELATED

RANKING