MOBILITY

2021.06.16

派手すぎピンク!「S30Z」2 by 2の「Zノーズ」「フロントスポイラー」付きを再現! 【昭和の旧車 絶版プラモコレクション】

フェアレディZ-L 2by2 modeling:KOJIMA COLLECTION

1969年にデビューした初代フェアレディZ(S30型)は、そのデザイン性と欧州のハイエンドスポーツカーにも勝る性能ながら、コストパフォーマンスの良さで、日本のみならず世界でも人気を誇った。

2020年には7代目となる新型Zプロトタイプも登場し、初代Zをモチーフとしたフロントマスクが話題となるなど、Z人気はいまだに衰えることはない。

当初2人乗りであった初代Zは、1974年に全長を310mm延長した4人乗りモデル「2by2」を発売。

今回紹介するのは「昭和の旧車 絶版プラモコレクション」から、そんな2 by 2の作例を紹介していく。

【写真5枚】S30Zの4人乗りもZノーズでカッコよし!

1/20サイズの迫力は見事!

「ホットマシーン/ベスト吸気系チューニング」はニチモのカーモデルの代表作、1/20完全スケールシリーズをベースに「エンジンチューンも可能」であることをアピールしたラインナップ。

シャコタンブームは日本でもカーモデルの標準スケールが国際的な1/24に移行した時期であり、1/20は過去のものになりつつあった。

しかし、絶対的なサイズによる迫力と、ボンネットやドアが開閉する面白さは魅力的だ。

肝心のエンジンはモーターをブロックの内部に納める構造上、とてもリアルとは言えない造形ではあるが、このシリーズのために追加されたスポーツキャブレターやタコ足の形状は悪くない。

バケットシートは他社の1/24のキットに比べてかなり豊かな質感を見せる。

フロントスポイラーはエプロンをカバーするエアダム形状に拘っていたのも特徴。Zは2by2でGノーズ付きという構成が、今見ると当時らしくてリアルだ。

「昭和の旧車 絶版プラモコレクション」ではこうした懐かしの改造プラモのパッケージとその作例がコンプリートされている完全保存版!

詳しくは以下をクリックしていただきたい。



販売形態:Amazon プリントオンデマンド(POD)

価格:2500円(税込)

RECOMMENDED


RELATED

RANKING