LIFE STYLE

2021.08.12

必殺技の「スクリューバリスネリア」!? 「アクアリウム」を代表する水草の和名とは!【アクアスタイル】

熱帯魚や水草の専門店で販売されている生体は、勝手に熱帯や亜熱帯の生物と決めつけていることが多々ある。

特に古くから知られているものは尚更に。私も子供の頃、ショップで購入した「スクリューバリスネリア」は外国産の水草だと思っていて、その後に図鑑で調べて日本産の水草だと知って驚いた経験がある。

その和名は「ネジレモ」。

琵琶湖に分布するアクアリウムを代表する日本産の水草である。

世界各地に分布するバリスネリアの仲間は、古くから人気の高い水草である。テープのように生長する草姿はとても美しく、レイアウト水槽の後景に打ってつけだ。

中でもねじれながら生長するスクリューバリスネリアは、とても個性的でレイアウト水槽の良いアクセントになってくれる。

育生も難しくないので、水草レイアウト水槽だけでなく、色々な魚の飼育に用いてもらいたい水草だ。

ネジレモの和名でも知られ、琵琶湖に潜ってネジレモの水中草原を見たときはとても感動した。

今回はそんな美しい光景をギャラリーで少し紹介したいと思う。


【写真2枚】まるでテープのようなゆらめき


アクアスタイル vol.8

写真・文:佐々木浩之

RECOMMENDED


RELATED

RANKING