TRAVEL

2021.07.18

話題! 新宿「巨大ネコ」は横から見ても立体? 目も合う! 喋りかける姿にハマる人続出! 【ねこ】

7月1日に出現し大人気となった、JR新宿駅東口の「巨大ネコ」。

「クロス新宿ビジョン」という街頭ビジョンにときどき映る巨大ネコに、通りかかりの人々は未だ釘付けだ。

非常事態宣言下とはいえそこそこの人手がある中、老いも若きもみんなが斜め上を見ながら立ち止まっている。そしてほとんどの人が、携帯を構えているの。

ネコがいることは分かっていたが、実際に見上げると、そこには一瞬ビクッとするくらい巨大なねこが……! 

実際にこの場所で巨大ネコを見上げると、なんとめちゃくちゃ目が合う!

しかも喧騒にまぎれてはいるけれど、何かを通行人にしゃべりかけている……! そして確かに飛び出しているように見えるのだ!

 【写真7枚】新宿巨大ネコを横から見てみよう

錯視映像で立体化させる!

このクロス新宿ビジョンは、縦8.16メートル×横18.96メートルのサイネージを採用。

名物の巨大ネコは、その湾曲形状を利用した、立体的に見える錯視映像で、広告の合間に現れては通行人に話しかけるなど、愛くるしい姿を見せる。

コロナ禍でも通行人の方が明るくなるようにと企画されたという「巨大ネコ」だが、画面の横は一体どうなっているのか?

そこで、いまにもねこが飛び出してきそうなベストポジションから離れ、画面の横に移動してみることにした。

画面自体は平面ではなく、手前側が丸くなりビルの2面にかかる形のものだが、そこではやはり立体的には見えず、丸みを帯びた曲面にネコの顔がへばりついているように見えてしまう!

ということで、みなさんは推奨のベストポジションで巨大ネコを観賞するのが吉。

夜になると放映の終了と共に眠りにつくというからその姿も見てみたいところだ。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING