MOBILITY

2021.08.26

「ミウラ」の「まつ毛」も再現!? ビッグモデルをじっくりと組み上げる 『ランボルギーニ ミウラをつくる』の魅力【モデルカーズ】

これまでにも数多くの分冊百科を手掛けてきた「アシェット・コレクションズ・ジャパン」が、スーパーカー・ブーム体験者にとってはエバーグリーン的な存在である、「ランボルギーニ・ミウラ」をフィーチャーしたシリーズを刊行する。

約2年に亘って発刊される全100冊を購読して、その都度送られてくる部品を組み上げれば1/8スケールのミウラが完成するという仕組みだ。確実に完成させたい向きは、買い逃しの心配もなく、魅力的な特典も用意される定期購読を申し込むのがベターだろう。

【写真16枚】憧れのミウラがこの手に! 往年のマニアの夢が叶う!!

その解像度の高さは圧倒的! 本物を作り上げるような楽しさと興奮を味わえる



古くは1970年代後半のスーパーカー・ブームの時代から、二大巨頭として日本のスーパーカー少年たちのハートを鷲掴みにしてきたランボルギーニとフェラーリ。スーパーカーのほとんどはイタリア製だが、世界的に見ても社会現象と言われるほどのブームが起きたのは日本だけで、当時、少年時代を過ごした人々のスーパーカーに対する憧憬は、世界的に見ても随一といってもいいはずだ。

今回、分冊百科の名門として知られるアシェット・コレクションズ・ジャパンがリリースを決定したのは、まさにスーパーカー・ブーム世代にドンズバな、『ランボルギーニ ミウラをつくる』である。

スーパーカー・ブーム時代にもっともキャッチ―な存在といえば、当時最新モデルであったランボルギーニ カウンタックとフェラーリ 512BBであったが、そこからさらに"スーパーカーを深堀りしたい"というマニアックな少年たちの間では、ミッドシップに12気筒エンジンを搭載したパイオニア、すなわち"元祖スーパーカー"としてミウラの人気も格別だった。

そんなレジェンダリーなスーパーカーであるミウラを1/8というビッグスケールで鑑賞できるのが『ランボルギーニ ミウラをつくる』のアドヴァンテージであるが、それ以上にかつては見聞したことだけで"知った気になっていた"ミウラのメカニズムを“作りながら学ぶ”ことができることが、最大の魅力といって良いかもしれない。

フルディテールのダイキャスト製品は稀有な存在

昨今ではミニカー業界においてミュージアムスケール(1/12以上のビッグサイズ)がブームの様相を呈していることから、1/8スケールのミニカーも時折リリースされるようにはなりつつあるが、そのほとんどがレジン製のプロポーションモデルであり、各部を可動させて楽しめるフルディテールのダイキャスト製品は稀有な存在である。

そうした観点からも『ランボルギーニ ミウラをつくる』は注目に値する。また現実的な話をすればレジン製の1/8プロポーションモデルの価格帯や、各部の再現性に加え、実車さながらの良好なプロポーションなどを加味すれば、全100冊の購読料である¥198,200(税込)は十分にリーズナブルであることは、本誌読者諸兄ならばおわかりいただけるはずだ。


全長55cm、全幅22cm、全高14cmという、ド迫力サイズ。前後カウル、ドアが開閉可能だ。ディスプレイモデルとして各部が再現されるほか、前後灯火類、インパネ、室内照明に点灯ギミックが仕込まれている。また、イグニッションオン時のエンジン始動音から、加速時に至るまでの実車のエンジン音の再生ギミックも装備。光と音で、そのリアリティはさらにアップしている。


【写真16枚】その素晴らしいディテイルの再現度を見る!


時間をかけて組み立て実車への造詣を深め
完成時に至上の達成感を生み出す




1/8というスケールを存分に活かして、各部のディテールの再現性や解像度は圧倒的だ。例えば、ミウラの独特の表情を演出する、まつ毛のようなヘッドライトルーバーは実車同様の本数で再現されるほか、ドアルーバーに内蔵された開閉ハンドルやボタンなども実車を忠実にトレースしている。

ミウラの特徴である横置きのV12エンジンは完成後はほとんど見えなくなってしまうが、制作時はその独特のエンジンブロック形状や補器類の取り回し、トランスミッションとの連結方法なども確認できる。インテリアはディテールの表現に加え、レザーの質感などにも徹底してこだわっている。

制作に必要な工具類もパーツに同梱され、塗装も不要なので、何かを別途準備する必要が無いのも嬉しいポイント。毎号組み立て工程はYouTubeチャンネルで公開されるのもありがたい。


定期購読はプレゼント特典も!



プレゼント特典1:ミウラ・キーリングとランボルギーニ特製ノート
プレゼント特典2:スポーツサック&1/24ミニカー&製作者名入り特製銘板

定期購読申込みでもれなく全員に種々のプレゼント特典が用意される。
さらにプレミアム定期購読でオリジナルディスプレイケースもお届け!

定期購読には4号以降に毎号250円(税込)を支払う「プレミアム定期購読」というプランもあり、その場合1/8スケールの巨大なミウラが収まる専用のアクリル製ディスプレイケースが付属する。高い透明度と平滑感を見せる日本製のハイクオリティな逸品だ。




『ランボルギーニ ミウラをつくる』
 1/8ダイキャスト製ミニカー 分冊百科
 価格:¥299(税込/創刊号)、¥1,999(税込/2号以降)
 2021年8月11日(水)発売

『ランボルギーニ ミウラをつくる』には100号に亘って、ミニカーの部品のほか、「ランボルギーニの伝説」、「伝説のサイドストーリー」、「ヒストリックカー名鑑」といったコンテンツで構成される冊子が付属し、知識欲を満たしてくれる。また創刊号には完成モデルのディテールや音と光のギミック、さらに実車の走行シーンなどを収めたスタートアップDVDが付録として付く。また、マガジンの保存に便利な特製バインダー(2冊組/1冊でマガジン14号を収納可能)も¥990(税込)で別途販売される。


[問い合わせ先]アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社 お客様サービスセンター
 Tel.0570-001-070 10:00 ~ 18:00 (土日祝日以外)  www.hcj.jp/miura/mc

【写真16枚】小冊子の内容も盛りだくさん、これは永久保存版だ!

RECOMMENDED


RELATED

RANKING