MOBILITY

2021.09.06

「11代目」 新型「ホンダ シビック」の1/43(約10cm) スケールミニカー登場!

ホビー専門誌などの出版事業、キャラクター開発、ホビー商品の企画・販売事業などを行う「株式会社ホビージャパンが、「新型CIVIC」のダイキャスト製1/43スケールミニカー(全長約10cm)を、直営店の「ポストホビー」および全国模型取扱店にて予約を開始する。

新型CIVICのミニカーはワールドプレミアで公開されたプレミアムクリスタルレッド・メタリックを含む全5色。

ハニカムメッシュのフロントグリルからインテーク、スタイリッシュにデザインされたインテリア、安全運転支援システム用のセンサー、テールランプなど細部にいたるまで再現。

モデル化に際して、実車コンセプトカーのモデリングに従事していた社内モデラーが、スケールにマッチしたチューニングを行い、実車の雰囲気を再現する努力をしたという。そのこだわりは、ブレーキキャリパーやタイヤの溝まで再現するに至ったという。

ほかにもマフラーはメッキ仕上げ、ホイールは金属の削り出しを塗装で再現するなど質感や色にもこだわっており、マニアも納得の作りになっている。

ボディには亜鉛合金、タイヤはゴム系素材を使用し、完全新規金型ダイキャストカーで再現。ダイキャストならではの質感と重量感のある仕上がりだ。

ディスプレイベースに「CIVIC」のロゴを配してあり、ディスプレイに適したクリアケースとディスプレイベースが付属しているので、インテリアやコレクションとして楽しめるほか、家族・友人へのプレゼントにもおすすめだ。


【写真19枚】リアル! 外装からインテリアまで完全再現!


◆ホンダ シビックについて
1972年に「世界のベーシックカー」として誕生して以来、ホンダ車の中で最も長く同一車名で販売され、今なお世界戦略を担う基幹車であり続けるホンダ シビック。2021年8月「爽快シビック」をグランドコンセプトにフルモデルチェンジしたハッチバックスタイルの「11代目 CIVIC」が最新モデルだ。


◆Hobby JAPANの1/43スケールとは

レジン製ディスプレイモデルMARK43の製造・販売のノウハウを生かし、本格的な1/64スケールダイキャストモデルのコレクションに2019年度より本格的に参入。そして2020年、1/43スケールのダイキャストモデルをリリース。


◆製品の特長

1. 一度限りの限定モデル:ホビージャパンのホンダ シビックは一度限りの限定生産モデル。

2. 抜群のプロポーションとディテール:綿密な実車取材と、モーターショーなどで実車のショーカーを手がけた社内担当モデラーが原型のチューニングを行うことにより、実車の雰囲気を極力損なうことなく造形再現を行った。ブレーキシステムやタイヤ、ルームミラーなどのディテールも再現している。

3. ディスプレイに便利なケース付き:製品は専用のディスプレイケースに梱包されており、そのままお部屋のインテリアとして飾ることも可能。


◆製品カラーバリエーションほか仕様

<1/43 ホンダ シビック 2021>

HJ431003RM プレミアムクリスタルレッド・メタリック
HJ431003PW プラチナホワイト・パール
HJ431003GM ソニックグレー・パール
HJ431003BK クリスタルブラック・パール
HJ431003BL プレミアムクリスタルブルー・メタリック

発売予定 : 2021年9月
販売料金 : 各6,380円(税込)
サイズ  : 1/43スケール(全長約10cm)
ボディ材質: ダイキャスト製 塗装済み完成品
パッケージ: (W)160mm×(D)90mm×(H)80mm
対象年齢 : 14才以上
仕様   : ディスプレイ用モデル(可動部/開閉機構無し)
企画・製造: 株式会社ホビージャパン

https://markmodels.jp/43

※写真は試作品です。仕様は予告無く変更になる場合があります。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING