MOBILITY

2021.09.09

2022モデル!「ジャガー」のEV「I-PACE」受注開始! レースカーの経験をフィードバック! 【Eマガジン】

「ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社」は、ジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)である「I-PACE」の2022年モデルを全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始した。

「I-PACE」は2018年の発売以降、スポーツカーとしてのパフォーマンス、ゼロ・エミッション、洗練性、そして全輪駆動SUVとしての高い実用性を兼ね備えたクルマとして高く評価され、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」や「ゴールデン・ステアリング・ホイール賞」をはじめ、これまで数多くの世界的な賞を受賞している。

【写真11枚】さらにグレードアップした「I-PACE」を見る

レーシングカー、eトロフィーの経験を反映!

2022年モデルでは、世界で初めて行われたBEV市販車をベースにしたワンメイクレース・シリーズ「Jaguar I-PACE eTROPHY」で培った知識や経験を市販車に反映。

具体的には、フロントモーターとリアモーターのトルク配分を変更し、ECOモード時の効率を向上させているほか、アクティブベーンシステムを効果的に使用し温度管理を改善、さらにパフォーマンスや耐久性に影響することなく、バッテリー残量がより少ない状況でも作動ができるようにしたという。

エクステリアは、19インチにサイズアップしたホイール(従来は18インチ)を標準装備し、クロームティップドグリルピンを採用するなど、よりスポーティな設えに。

また、新たにグリルサラウンドや、ミラーキャップ、サイドウィンドウサラウンド、リアディフューザーにアクセントを施した「ブライトエクステリアパック」を追加した。

全12色展開のカラーに新色登場

カラーラインアップも、カルデラレッド、ポルトフィーノブルー、アイガーグレイ、アルバの新色を用意し全12色展開となる。

インテリアは、グレインレザーの14ウェイ電動フロントパフォーマンスシートを導入したほか、ヘッドレストにあるジャガーリーパーを3D加工し(レザーシートのみ)、40:20:40分割可倒式リアシートを標準装備している。

さらに3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニターなど多彩なドライバー支援システム、最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を標準装備し、安全性と利便性も向上させた。

オプションについても見直し、ワイヤレス・デバイス・チャージング、ClearSightインテリア・リアビューミラー、アクティビティキー、パークアシスト、コンビニエンスパックなどを加え、より豊富な選択肢を用意。

なお、2022年モデルから新グレードとして、「S」をベースにブラックエクステリアパックや20インチ"スタイル5068"5スポーク(グロスブラックフィニッシュ)、固定式パノラミックルーフなどを備えた「BLACK EDITION」を追加し、全4グレード展開となる。


ラインアップおよびメーカー希望小売価格(消費税10%込)

<モデル名、価格>

I-PACE S、10,050,000円
I-PACE SE、10,930,000円
I-PACE HSE、12,210,000円
I-PACE BLACK EDITION、11,390,000円

RECOMMENDED


RELATED

RANKING