MOBILITY

2021.09.11

室内は「コルベット」由来!?「2022 シボレー・シルバラード」は「ZR2」を初ラインナップ!

アメリカンフルサイズ、ピックアップの雄! シボレー「シルバラード」の2022年モデルが発表された。

この2022年春に、全米のディーラーで販売される予定だという。

シボレーのベストセラー・トラックであるシルバラードは2022モデルとして大幅にアップデートがされ、ユーザーにはより多くの選択肢とテクノロジー、プレミアム・タッチを提供するという。

具体的には、大幅に高められたエクステリア・デザインと、テクノロジーを強化した新しいインテリアが特長となっている。

グレードのLT、RST、LT Trail Boss、ZR2、LTZ、High Countryには13.4インチの対角線タッチスクリーンを標準装備し、High Countryにはトレイルリング機能付きのハンズフリー運転支援技術「スーパークルーズ」を用意。

また、2.7Lターボ高出力エンジンが強化され、同クラスのベースエンジンよりも高いトルクを実現した。

「シルバラードは伝説的なモデルであり、新規のお客様だけでなく、ロイヤルカスタマーをも魅了し続けています。

2022年の新モデルでは、その成功を基にシルバラードのラインナップを強化し、お客様により多くの選択肢、洗練されたデザイン、新しいテクノロジーのオプションを提供します。

また、シボレーのフラッグシップ・オフロード・トラックとして新型シルバラードZR2を追加することで、さらなる強力な購買層を獲得します」と、シボレー・トラック・マーケティングのディレクター、ケリー・マクドナルド氏は述べている。

【写真2枚】山によし、海によし! デカくて丈夫でガンガン走れる「シルバラード」


新型2022年シボレー・シルバラードへの追加のハイライトは以下の通り。

LT、RST、LT Trail Boss、ZR2、LTZ、High Countryの各トリムでは、インテリアのデザインを一新し、水平方向のインストルメントパネルのデザインを一新。

キャビンをより広く感じられるようにするとともに、より機能的な新しいセンターコンソールを採用した(ほとんどのトリムレベルで電子シフトコントロールを利用可能)。

13.4インチ(対角線)のカラータッチスクリーンと新開発の12.3インチ(対角線)コンフィギュラブルデジタルインストルメントクラスターを新内装のモデルに標準装備。

Google built-in²(グーグル・ビルトイン)は、インフォテインメント画面上でGoogleアシスタント、Googleマップ、Google Playにアクセスできる機能(新内装仕様車に標準装備)。この新しい体験は、Android AutoTM3やApple CarPlay4の機能と連動し、ユーザーに新しいレベルのカスタマイズと柔軟性を提供。

すべてのトリムに新しいフロント・フィイスを採用し、トラックの安定性と力強さを強調するとともに、新しいデイタイム・ランニング・ランプには、スワイプターンシグナル機能に加えて、ウォークアップ/ウォークアウェイのアニメーション機能がプログラムされている。

シルバラード初のZR2をラインナップ!

今回設定されたシルバラードZR2は、ファクトリーリフトアップされたオフロードラインアップのフラッグシップとして、レースで証明されたオフロード性能をショールームですぐに購入できるようにしたという。

ZR2は、プレミアム・インテリア、臨場感あふれるテクノロジー、数々の標準安全装備、そしてオフロード性能を総合的に兼ね備えたモデルに。

ZR2のサスペンション・アップグレード、オフロード技術の向上とエクステリアの強化は、砂漠走行やロッククローリングなど、オフロードでのパフォーマンスと能力を最適化するために開発されたものである。

一方で、日常的なドライビングの快適性と、他のシルバラードのオフロード・トリムと同等の積載量とトレイルリング能力をサポートしている。

新デザインは幅広で安定したデザインに!

シルバラードのデザイナーは、2022年モデルのエクステリアに、幅広で安定した自信に満ちたトラックのスタンスを強化する要素を盛り込んだとのこと。

見えない部分も革新され、ベッドフロアの頑丈な高強度スチール構造が、クラスをリードする689.1立方フィートの標準荷台容積を支えている。

また、ベッドには他社よりも多い12個のタイダウンを標準装備。

業界初となるパワーアップ/ダウンテールゲートや6ポジションのマルチフレックステールゲートを用意するなど、革新的な機能を備えた。

さらに、3つの新しいエクステリアカラー「ダークアッシュ」「サンドデューン」そしてシボレーを愛してやまないシボレー・トラック・レジェンドたちによって名付けられた「グレイシャー・ブルー・メタリック13」という鮮やかなブルーを追加した。

インテリアはコルベット風!?

また、LTトリム以上のインテリアを刷新し、新しい素材を取り入れたデザインにより、広々としたプレミアム感のある室内空間を実現。

新しいインテリアは、大胆な13.4インチの水平方向のタッチスクリーンと、12.3インチのデジタルで設定可能なインストルメントクラスターを採用した。

シボレー・トラックのリード・インテリア・デザイナーであるアレクサンドル・スカルテジーニは、「インテリアのプレミアム性を高める、より現代的で洗練されたデザインになっています。

また、デザインのDNAにコルベットの影響をほのめかすことで、当社のパフォーマンスの伝統と結びついた、よりドライバー志向の空間となっています」と述べている。

また、新しいセンターコンソールには、バケットシート装着車に用意されている電子制御式シフトコントローラーが組み込まれている。

ハンズフリーで走行可能な「スーパークルーズ」搭載

さらに、LT以上のモデルには、Google built-in2を搭載。ユーザーは「Hey Google」と声をかけるか、ステアリングホイールの「Push to talk」ボタンを押すことで、車両の一部の機能を操作することができる。

声を使って友人に電話やメールをしたり、音楽を聴いたり、リマインダーを設定したり、車内の温度を変更したりすることもできる。

2022年に発売されるシルバラードは、シボレーのピックアップモデルとしては初めて、ハンズフリーで走行可能な運転支援技術「スーパークルーズ」を搭載。

シルバラード・ハイカントリーに搭載され、米国およびカナダの32万km以上の道路で使用することができる。

スーパークルーズは、ドライバー・アテンション・システムや高精度のLiDAR地図データなど、多くの先進技術を採用。

このシステムにより、ステアリング・コラムの上部に設置された小型カメラと赤外線ライトを用いて、スーパークルーズが作動している間、ドライバーがどこを見ているかを判断する。

ドライバー・アテンション・システムが、ドライバーの視線が前方から長く離れていることを検知すると、ステアリング・ホイールのライトバーがドライバーに道路に注意を向けるよう促す。

また、ドライバーの不注意が続いているとシステムが判断した場合には、目に見える警告や音でドライバーにハンドル操作の再開を促すという。

2022年モデルのシルバラードは、ハンズフリーでの牽引も可能で、最大8台のカメラを搭載したトレールリングテクノロジーを採用した。

2.7Lターボエンジンを強化!

シルバラードのエンジンラインナップも強化・合理化されており、中でも2.7Lターボ高出力エンジンを大幅に強化。

このエンジンはこのクラス中で最も高いトルクを持ち、2輪駆動で9,500ポンドもの最大牽引性能を発揮する。

また、新開発の高剛性シリンダーブロックをベースに、約30%の剛性を持つクランクシャフトを採用することで、大幅な耐久性を実現。

これらの改良により、騒音を低減し、特に低中速回転域でのトルクを向上させることが可能になり、最大トルクは、現行エンジンと比較して20%以上向上した420lb-ft(569Nm)となった。

また、2.7Lターボ高出力エンジンと組み合わされる8速オートマチックトランスミッションのシフトスケジュールを変更し、よりスムーズなシフトチェンジと素早いシフトダウンを実現することで、洗練された感覚と必要に応じたパワーを得ることができるようになったとのこと。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING