MOBILITY

2021.10.11

【動画あり】「ポルシェ」と「MGB」が収まるガレージ拝見! ガレージ床は「TECTile (テックタイル)」でDIY【ガレージライフ】

2007年に竣工した、RC造2階建てのガレージハウス。

ガレージには1964年式のMGBと、2021年式ポルシェ911という新旧スポーツカーが仲良く並んでいる。

当時、購入した約55坪の土地をいかに楽しく有効に使えるかを考え、2年かけて家づくりを研究。

Nさんが描いた設計図を元に建築事務所が構造計算をして施工してできたのがこのガレージハウスだった。

レイアウトは地下に寝室と浴室が設けられ、1階はガレージと玄関、2階にはリビング、屋上には庭を配置。

テーマカラーはグリーン、レッド、シルバーでとにかくシンプルで過ごしやすい家を目指した。

「それまではマンション暮らしだったため、ガレージにはその反動があったかもしれない」とはNさん。

ガレージには3年かけてフルレストアした、イギリスのコンパクトスポーツカー「1964年式MG-B」とポルシェ911も収められている。

またヨーロッパな雰囲気とは一点、大好きなハーレーも収められているなど、そのコントラストも楽しいのである。

【写真16枚】ポルシェとMGBが収まるガレージ拝見! 

ガレージ床面をリフレッシュ!

施工から13年が経過したモルタル素地のガレージの床面は、だんだんクラックが目立つようになってきたということで、オーナーのNさんが良いものはないかとネットで探し出会ったのが「TECTile (テックタイル)」だったという。

TECTileとは、自分で簡単に敷くことができる樹脂製の連結式タイル。1枚の面積は330mm、防炎性能基準も満たしているため、室内の展示会などでも採用頻度が増加している新しい床材だ。

ネットで施工例を確認しながら、必要枚数を割り出し全11色の中からブラックを85枚、ダークグレーを102枚、ライトグレーを17枚などと必要枚数を購入し、Nさんが自ら2時間程度で施工したものだという。

施工後、予想していた以上にガレージとのマッチングがよく、購入してよかったとはNさん。

1枚の単価も800円からとリーズナブルなところも買いやすかったそうだ。まだ使用して3か月ではあるが、ガレージの見た目、ホコリや汚れのことを考えるだけでも、TECTileを敷いて非常に満足しているとのこと。

ガレージシャッターには『アドヴァン』がイタリアから輸入、販売している「SILVELOXドア」。この木製ガレージシャッターは、カウンターバランス式で錘を使用し、天秤のようにバランスを取る方式だ。

ガレージシャッターを閉めたままでも自由に出入りできるセンタードアが特徴で、このセンタードアがあることが Nさんがこのシャッターを選定した理由のひとつだという。断熱性、気密性にも優れたお気に入りだ。

Planning Data

所在地:神奈川県
施 主:Nさん
構 造:RC造
敷地面積:182.26㎡
延床面積:200㎡
ガレージ面積:39.65㎡
愛車:1964 年式 MGB
   2021 年式 ポルシェ911
   1996 年式 ハーレー・ダビッドソン
   2017 年式 G350d
   2019 年式 A200d
   2000 年式 ドゥカティ900e


◆問い合わせ & Special thanks to

TECTile (テックタイル)/株式会社オンリースタイル  
Phone/03-4455-7426  
https://tec-tile.jp/  Mail/info@onlystyle.jp



Photo/Hiroyuki-KONDO(近藤浩之)  Text/Jun-ISHIHARA(石原 淳)

RECOMMENDED


RELATED

RANKING