MOBILITY

2021.10.24

3Lターボ、ブロアムVIP!「Y30セドリック」前期型を後期型へとモディファイ!【モデルカーズ・チューニング】

日産セドリック・ブロアムVIP◆Builder:長野伸哉 ◆Base:アオシマ1/24

日本を代表する高級車として、車種消滅後も今なお高い人気を誇る、日産のセドリック/グロリア。

歴代セドリック/グロリアの中でも、国産量産車初のV6エンジンを搭載したエポック・メイキングな存在が、1983年登場のY30型だ。

セドリックとしては6代目、グロリアとしては7代目にあたるY30型には、4ドアのセダンとハードトップ、そしてワゴン/バンがラインアップされていた。

V6エンジン専用ではなく直6も搭載されていたため、エンジンのコンパクトさを最大限に活かす効率的な設計ではなかったが、ホイールベースは先代より延長され、ゆとりのある室内空間を確保。

そのルックスは先代430のコンセプトを継承しつつ重厚さを増したもので、四角張ったボディラインは今見ると却って新鮮である。

後期型ではその重厚さに華やかさが加わり、これもまた魅力的であった。

グリル両端にフォグランプを配置(グロリアではヘッドライトカバー内)、ライト下にはポジションランプを入れて、フロント周りは煌びやかに。

リア周りも、テールレンズはメッキの細いラインをあしらい全体をスモーク化、ガーニッシュも赤く染められた。

この他、ホイールカバーのデザインもリニューアル、内装にも変更が加えられ、クルマ全体でゴージャスさを強調することとなったのだ。

また、メカニズム面では2リッターのターボエンジンがJETターボ(可変容量ターボ)へと進化し、話題を呼んだ。

この技術によりそれまで不足気味と指摘されていた低速トルクの増強に成功、大幅にドライバビリティを向上させたのである。

【写真3枚】見事に後期化されたY30、全体像はコチラ!

アオシマの前期型をゴージャスなルックスの後期型へと変更!


ここでご覧頂いているのは、そんな後期型Y30セドリックの3リッター・ターボ、ブロアムVIPを再現した模型で、改造プラモデル雑誌「モデルカーズ・チューニング」に掲載されたものだ。

後期型Y30はフジミからキット化されているが、作者は「大好き」だというアオシマ製Y30前期型をベースに、フジミ製キットからパーツを流用して後期化を行った。

フロントグリルはフジミ製を流用、テール/リアガーニッシュは自作したものと思われるが、ベースのアオシマと上手く馴染ませることに成功していて、違和感のない仕上がりとなっている。

全体にノーマル状態として仕上げているが、ホイールのみは当時流行したワイヤースポークタイプ(フジミ製17インチ)を装着、より華やかにフィニッシュを実現した。


モデルカーズ・チューニング其の五

写真:服部佳洋

RECOMMENDED


RELATED

RANKING