LIFE STYLE

2021.10.25

「キャンプ」で「太陽光発電」! 「Goal Zero」社製ポータブル・ソーラーパネル「Ranger 300 Briefcase」

「株式会社アスク」は、米国ユタ州のポータブル・ソーラー&バッテリー製品のパイオニア・ブランドである「Goal Zero」社製のポータブル・ソーラーパネルのフラッグシップモデル「Ranger 300 Briefcase(レンジャー300)」を取り扱うことを発表した。

「Ranger 300 Briefcase」は、出力75Wのソーラーパネルを4枚組み合わせ、最大出力300Wの発電を可能にする、折りたたみ式の高出力ソーラーパネル。本体に薄いアルミニウムフレームとETFEポリマー加工を採用することで、従来のモデルより軽量化することを実現した。特許出願中の自動開脚機能により、4枚のパネル位置を簡単に調整することができる。

別売りのアダプタを使用すれば、本機同士の複数台接続もできる。同社製のポータブル電源「Yeti」シリーズと組み合わせ、短時間で充電することが可能となっているという。  ※別売りのコンバイナーケーブルが必要。

よりコンパクトでパワフルな出力を実現する「Ranger 300 Briefcase」は、災害時やレジャーシーンはもちろん、倉庫や建物の非常用電力のアシスト用途にも最適な製品だ。


【写真4枚】これさえあれば、キャンプ中の充電切れも怖くない!「Ranger 300 Briefcase」。



「Ranger 300 Briefcase」

メーカー: Goal Zero
型番: 32450
JANコード: 0847974007990
アスクコード: XX1885
予想市場価格: 107,800円前後(税込)
発売時期:2021年10月下旬
https://www.ask-corp.jp/products/goal-zero/solar-panel/ranger-300-briefcase.html


「Goal Zero」

GOAL ZERO社は、企業家のRobert Workman氏が自身の事業で成功を収めた後に、アフリカのコンゴでNPOとして活動した際に住民が電気のない生活をしている所を目の当たりにし、電気を使えない貧困層をなくすことを理念として、2008年に米国ユタ州で設立された。携帯用太陽光発電メーカーのリーダーとして、環境にやさしく、品質、デザイン、使いやすさにこだわった、高性能かつポータブルで拡張性が高いソーラー発電システムを開発している。アウトドア、キャンプユーザーはもとより、外出先でのバッテリ充電に最適な製品を提供している。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING