MOBILITY

2021.10.29

欲しい!「スーパーカブ」と「コペン」が入る「ガレージハウス」はDIY活用で建築費を節約!【ガレージライフ】

理想のガレージをつくりたい。しかし現実は、限られた予算の中でガレージハウスを建築し、誰もがオーバーした見積もり書を前に頭を抱えるという方が多いのではないだろうか?

ここで紹介させていただくTさんのガレージは"最終的にDIYで仕上げる"ことでコストダウンを実現。シンプルな四角いガレージハウスには、夢と努力が詰まっている。

転居までの4年間、ガレージ付き賃貸物件で暮らしていたTさん。昔からオートバイが好きで、耐久レースやスプリントレースにメカニックとして参加する元整備士だ。

彼は、ガレージでオートバイのメンテナンスからチューニング、レストアまでこなせるバイクが大好きな愛好家で、それまで木造3階建ての賃貸ガレージで生活していたが、周囲への音の問題やキズをつけないように配慮するなど、何かと思うようにはいかず、自分のガレージが欲しいと考えていたという。

そんな中、通勤時に偶然、5区画に整備された販売中の土地を発見。当初の販売価格では手が届かなかったが、その後知人を通じ買い手がついていない角地が、希望の価格で手に入りそうなことがわかったという。

そこで、バイクのレース仲間に紹介された建築家に相談をすると、ローンの組み方次第では賃貸ガレージの家賃よりも安い金額でガレージハウスが手に入るかもしれない。ということに。

そこから本格的に、Tさん夢のガレージハウスプランがスタートしたのであった。

依頼することとなった『Augusta 建築事務所』の石栗さんに伝えたのは、ガレージ内にくつろげるスペースがほしいということと、極力予算を抑えるために、スクエアな外観かつシンプルで最低限の生活ができればいいということ。

しかし、ファーストプランで上がってきた見積は予算をオーバー。そこで、ここから予算を下げるため、建物は"素材"として建築してもらい、自らの手によるDIYでカスタマイズして完成形に持っていくことを決めたのだそう。

なにせ元整備士、自分の手でカスタマイズすることは苦ではない。そこで最低限の"箱"だけを設計してほしいと依頼したのだ。

【写真16枚】コストを最少に抑えても、最大限に満足できたガレージハウス!

家具も外構も自分でDIY!

とにかく予算を下げるため、外構を省いてもらい、造作家具もすべて削除。床材や壁面はほぼお任せで挿し色に赤を使いたい旨だけほ伝えたという。

ガレージはクルマが入る"部屋"と考えクロス仕上げに。また、ガレージシャッターには気密性の高い『レムコ』製オーバースライダー・メタルフラットドアを導入するなど、大事な部分にはきっちりと予算を配分することにした。

パネル内部に充填された高密度のポリウレタンフォームにより遮音ができるのだが、機械を使う整備の他、ガレージでギターを奏でることもあるTさんにとって、音と湿気の問題を解決するためにこのシャッターはぴったり。

現在はamazonのアレクサと連動し、音声でガレージドアの開閉をできるようにしているが、このシャッターは建築家・石栗さんのオススメであったそうだ。

ガレージは箱として引き渡した後、Tさんが自ら2×4材を使って、棚を造作。床はホームセンターで購入した『アサヒペン』製の床専用塗料で施工。

壁面は湿気を吸着させる「エコカラット」を、Tさんが休日を使ってDIY施工。当初ガレージは"部屋"としての想定だったため換気扇がなかったというが排気ガスが籠るため、後から追加で施工してもらったのだそうだ。

気に入っているのは、ガレージにつけた温水の出る水道。バイクをメンテナンスをして汚れた手をガレージ内で洗浄。そのままリビングに行けるのは、非常に便利だそうだ。

また、天井高を上げロフトを設けたことで、スペースを有効活用することにも成功。1階はほぼガレージのスペースで占め、2階は主寝室だけを部屋として設け、あとは大きな箱になっている。

ロフトを設けたのは、収納を考えてのことだというが、シンプルな造りにしたことで予算内に収まり、それまでの家賃より下げることに成功したのだという。

土地を購入してから約5か月後に引き渡しと、かなりスピーディーに完成したこちらのガレージ。

【写真16枚】クルマとバイクとギターがあるガレージは、一番のお気に入りの空間!

◆Planning Data

竣 工:2020年10月
家 族:1人
敷地面積:69.15㎡
ガレージ面積:21.32㎡
構 造:木造軸組工法
外装仕上げ:ガルバリウム鋼板
内装仕上げ:クロス
愛 車:2002年式ダイハツ・コペン、カワサキ・ゼファーX07、2018年式ホンダJa44 スーパーカブ110


◆Owner’s Check
・ここがお気に入り
ガレージ=部屋として建築家・石栗さんに提案していただいたように、部屋のように寛げるガレージスペースが気に入ってます。

・ちょっと失敗
窓をもう少し少なくしても、コストを抑えることができのではないか、とは考えています。トイレ、浴室に窓はなくてもよかったかも。

・これからの夢
念願のガレージハウスを手に入れたので、このまま楽しくここで過ごしたいですね。


◆Comment from a Builder:株式会社レムコ 小林正幸さん

日々の生活の中で、ガレージにいる時間に重きを置くT様が建築事務所様に設計依頼をされ、T様のライフスタイルにあった弊社のメタルフラットドアを双方に選択していただいたこと、大変うれしく思います。バイクや車はもちろんのこと、ギターも大切にされ、ガレージ内で弾くこともあるT様にはメタルフラットドアの特徴でもある高い断熱性と気密性、遮音性はまさにT様のライフスタイルにピッタリのガレージドアと改めて感じています。
東京都町田市南町田4-1-38 レムコビル Phone:042-788-2688 https://www.remcodoor.com

設計:オーガスタ建築設計事務所
神奈川県大和市中央林間4丁目17番16号 Phone:046-215-1177

施工:愛和建設株式会社
神奈川県相模原市中央区郷田名4-10-1アメニティタワー相模原1F Phone:042-764-3311

photo / Dan KOMATSU(小松 男)  text / Jun ISHIHARA(石原 淳)

RECOMMENDED


RELATED

RANKING